スポンサーリンク

【アクセス解析】サーチコンソールとアナリティクスの連携方法

今回はアクセス解析に関する記事となる。

内容は、Google Search Console(旧 Google ウェブマスターツール)とアクセス解析ツールのGoogle Analyticsを連携させる方法である。

連携が完了すれば、Google Analyticsで「検索エンジンの最適化」という重要なデータを閲覧できるようになるため、ぜひ関連付けておくことをお勧めしたい。

なお、この記事は、Google Search ConsoleおよびGoogle Analyticsへの登録をすでに済ませている人向けとなり、2つの登録方法は割愛しているのであしからず。

 

スポンサーリンク

手順1「検索クエリ」→「Search Console のデータ共有を設定」

ss 2016-05-16 11.06.07

▲まずは、Google Analyticsで関連付けたいサイトのデータ画面を開き、

「集客」>「検索エンジン最適化」>「検索クエリ」

と進む。

 

ss_2016-05-16_11_06_34

▲次いで、「Search Console のデータ共有を設定」をクリックする。

 

手順2「Search Console を調整」→「編集」

ss 2016-05-16 11.13.05

▲「手順1」を終えると、プロパティ設定にページが移動するので、そのまま下にスクロールして「Search Console を調整」をクリックする。

 

 

ss_2016-05-16_11_14_08

▲Search Consoleの設定に移動したら、「編集」をクリックする。

 

手順3:関連付けの追加

ss_2016-05-16_11_15_42

▲「手順2」を終えると、上のような画面に移動する。(Search Consoleにログインしていない場合はログイン画面になる)

今回関連付けようとしているサイトが「ウェブプロパティ:」のすぐ右側に表示(上の画像ではモザイク)されていることを確認し、そのサイトと同じサイトのURLをラジオボタンで選択して「保存」をクリックする。

 

ss 2016-05-16 11.16.35

▲初めて関連付ける場合でも、”Search Consoleの関連付けは削除されます”と表示されるので「OK」をクリックする。

 

手順4:「完了」「保存」

ss_2016-05-16_11_18_29

▲「手順3」を終えたら、Google Analyticsに戻って、Search Consoleの設定にある「完了」をクリックする。

 

ss_2016-05-16_11_20_38

▲「手順2」で行った「Search Console を調整」をクリックして、関連付けができているかを確認する。

確認したら「保存」をクリックする。

 

ss_2016-05-16_11_20_59

▲あとは「Search Console を調整」の下にある「保存」をクリックすれば、連携が完了する。

 

きちんと関連付けができただろうか。

おそらく今回関連付けを行った人は、Google Analyticsで「検索エンジンの最適化」のデータを活用したい人だろう。

詳しい内容は改めて記事にしたいと思うが、例えば「検索クエリ」からは、検索エンジンに表示された回数やクリック数などを閲覧することができる。

そうすれば、おのずと問題があるページや改善ポイントが見えてくるというわけだ。

ある程度記事数が増えてWebサイトやブログのアクセス数が上がってきたら、「検索エンジンの最適化」のデータを活用してサイトを改善してみるといいだろう。

 

僕が勉強で使ったアクセス解析参考書

 

スポンサーリンク