スポンサーリンク

一部MacBook Proで「OS X El Capitan 10.11.4」にするとフリーズする不具合が発生

「OS X El Capitan 10.11.4」にアップグレードした多くの「MacBook Pro Retina」で、画面がフリーズしてしまう問題が発生している。

スポンサーリンク

フリーズしたら強制終了以外に復旧方法はない

MacRumorsによれば、多くのMacBook Proユーザーからトラブルの報告があがっており、問題は13インチ型のMacBook Pro Retina(Early 2015)に集中して多く見られる模様。

システムのフリーズは、Safariの閲覧時や、Adobe Photoshopの使用時、サードパーティー製のブラウザを使用しているときに「1週間に1回程度」発生し、マウスカーソルやトラックパッドのForceTouchも効かなくなる。

一旦システムがフリーズしてしまったMacBook Proは、強制終了するしか復旧方法はないようである。

心当たりのあるMacBook Proユーザーは、「マーク > このMacについて」から自分のマシンの情報を確認してみてほしい。

なお、この件についてAppleから発表はないものの、不具合は認識しているとのこと。

フリーズの頻発は作業に大きな支障をきたすため、早めの対応が求められる。

 

source:MacRumors

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク