スポンサーリンク

LINEフリーコインがLINEポイントに〜Amazonギフト券やnanacoポイントへの交換も可能

2016年4月25日、LINEは「LINE フリーコイン」を「LINE ポイント」へ統合し、外部提携先へのポイント交換を開始したことを発表した。

スポンサーリンク

100円につき2ポイント。交換先はAmazonギフト券やPontaポイント、nanacoポイントなど

「LINE ポイント」とは、2016年3月24日に「LINE Pay カード」と同時に提供が開始されたLINE独自のポイントサービスである。

「LINE フリーコイン」が「LINE ポイント」に統合されたことにより、これまでLINE公式アカウントの友だち追加や動画の視聴で「LINE フリーコイン」を貯めていた要領で、これからは「LINE ポイント」を貯めることが可能となった。(統合前にユーザーが保有していた「LINE フリーコイン」は、1コインを2.4ポイント(交換レートは国により異なる)として「LINE ポイント」に移行)

スタンプショップや着せ替えショップを利用したいときは、「LINE ポイント」を「LINE フリーコイン」に交換してからスタンプなどを購入できる。

また、「LINE ポイント」は「LINE Pay カード」の利用100円につき2ポイント貯まるほか、貯まったポイントは1ポイント=1円として、LINE STOREやLINE FRIENDS 公式オンラインショップでの買い物代金として利用できたり、LINE Pay残高へチャージ(1,000ポイント以上)することもできる。(ユーザー間の送金、指定の銀行口座への出金(一回あたり手数料216円)も可能)

さらに、外部提携先へのポイント交換対象も広がり、「LINE フリーコイン」で交換可能だったPontaポイントなどに加え、Amazonギフト券やnanacoポイントへの交換も可能となった。

主なポイント交換先の交換比率は下記のとおり。

・Amazonギフト券 :550 ポイント → 500 円

・nanacoポイント :300 ポイント → 270 nanacoポイント

・Pontaポイント  :100 ポイント → 100 Pontaポイント

 

個人的には、常時開催されている「スーパーポイントアッププログラム 」というキャンペーンにより、ポイントが増大している「楽天カード 」のヘビーユーザーではあるが、「LINE Pay カード」も入会金と年会費が無料なので1枚申し込んでおいた。

 

せっかく同じ金額を支払って買い物をするなら、その分ポイントを貰って得をしたほうが僕は賢いと思う。

カードを持ったことがない方は、これを機に「LINE Pay カード」や「楽天カード 」などに申し込んでみてはどうだろうか。

 

Source:LINE

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク