スポンサーリンク

auが熊本地震の被災者に対してデータ通信容量10GB追加を発表

本日18日、KDDI(au)は、熊本地震で被災されたユーザーに対してデータ通信容量を10GB追加することを発表した。

これまでドコモソフトバンクからは被災者に対して4月30日までの期間、通信速度制限の撤廃が発表されている。

スポンサーリンク

データ通信容量の追加について

10GBのデータ通信容量の追加は、災害救助法が適用された地域のユーザー対して、4月19日から一両日中に順次自動的に実施される。

対象となるのは、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在するユーザーで、以下の「データ定額サービス」または「料金プラン」に加入の場合となる。

ss 2016-04-18 22.07.48

また、災害救助法が適用された地域に住んでいるユーザーが、地震発生日 (4月14日) 以降にデータチャージを利用している場合、その利用料金は請求されないとしている。

なお、対象のデータチャージ利用料金は、4月14日以降で、かつ、上記データ通信容量10GB追加までに利用した分に限るとのこと。

 

source:KDDI

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク