スポンサーリンク

ソフトバンクが熊本地震被災者の通信速度制限を4月30日まで撤廃

4月17日、ソフトバンクは、熊本地震の影響により被災されたSoftBankの携帯電話サービスを利用しているユーザーを対象に、2016年4月30日まで、月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにすると発表した。

現在、すでに通信速度が低速化しているユーザーにも準備ができ次第、速度制限を解除するとのこと。

対象となる端末は、プリペイド式携帯電話を除く全ての端末となり、対象者は、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する、SoftBankの携帯電話サービスを利用中のユーザーとなる。

平成28年熊本地震で被災されたお客さまを対象にした追加データ購入料金の無償化などについて

 

source:SoftBank

スポンサーリンク