スポンサーリンク

Twitter、画像に最長420文字までの説明書きができるようになったことを発表

Twitter

Twitterから、画像に最長420文字までの説明書きを加えられるようになったことが発表された。

スポンサーリンク

視力が弱い方にも画像を伝えることができるように

Alt_Text_Image_0

発表によれば、今回の機能は視力が悪い方にも画像の内容を伝えることができるようにするためとしている。

機能を利用するには、公式アプリの歯車のアイコンから「設定」>「アクセシビリティ」と進み、「画像の説明を追加」をオンにする必要がある。デフォルトではオフになっているため、より多くの人たちと画像を共有できるように、ぜひオンに切り替えて画像の説明を加えてみてほしい。

画像に加えられた説明は、視力の弱い方々がテキストを読み上げてくれるような補助技術アプリを使って読むことができるようになるとのこと。

また、この機能はサードパーティー製のアプリでも利用できるようにAPIが公開されており、公式アプリ以外のアプリでも徐々にに対応されるものと思われる。

source:Twitter

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク