スポンサーリンク

9.7インチ型「iPad Pro」のカメラは出っ張ってるけど大丈夫?

上の画像は、現地時間3月21日にAppleが開催したスペシャルイベントで9.7インチ型「iPad Pro」の紹介に使われた画像だ。

そのときに気が付いた人もいるかもしれないが、見てのとおり新しい9.7インチ型「iPad Pro」はカメラ部分が外側に出っ張ってしまっている。

スポンサーリンク

カメラの出っ張りは本体を薄型にした代償

iPadPro10-AllColors-Splitview_PR-PRINT

カメラの出っ張りは「iPhone 6」や「iPhone 6s」にも見られるが、その原因は「iPhone」や新型「iPad Pro」の本体がカメラよりも薄型化したからだ。

「iPhone 6」や「iPhone 6s」ユーザーは、机に置いた際の本体のガタつきや、カメラに傷が入ってしまいそうなのが気に入らずにケースを購入した人も多いことだろう。僕もそのひとりである。

そして、そのことは当然のように9.7インチ型「iPad Pro」でも懸念される。

もしも「iPhone 6」や「iPhone 6s」のように机の上でガタつくことがあれば、Apple Pencilで細かい作業をする人にとっては致命的だろう。

カメラの出っ張りによるガタつきの心配はない

その点、Matthew Panzarino氏によれば、カメラが出っ張っていてもほとんどガタつきはないようだ。

実際に動画も公開されている。

なるほど。動画を見る限りではガタつく心配はなさそうである。

とはいえ、いくらレンズカバーにサファイアガラスを使用しているとしても、やはりカメラの傷や負荷が気になるという人はケースを購入したほうがいいのかもしれない。

 

スポンサーリンク