スポンサーリンク

iPhoneの電池節約にバックグラウンドアプリの削除は関係ない

iPhoneのホームボタンを2回押すと表示されるバックグラウンドアプリを、電池を節約する目的でこまめに消去している人は多いのではないか。僕も最近まではそのひとりだった。

だが、Apple社のCraig Federighi氏によれば、バックグラウンドアプリの終了はバッテリーの長持ちに影響しないようだ。

スポンサーリンク

基本的には強制終了させる必要はない

今回の件は、9TO5Macの読者がApple社のCEOであるTim Cook氏に、バックグラウンドアプリの終了についてメールで質問したことで明らかになった。

メールの返信はTim Cook氏からではなく、Craig Federighi氏から送られてきたが、そこには「私はバックグラウンドアプリを閉じていません。バッテリーの寿命には関係ありません。」といった内容が書かれていたようである。

また、9TO5Macの記事によれば、バッテリーへの影響がない理由として、バックグラウンドアプリのほとんどはフリーズされるか動作していないとのこと。

つまり、バグなどでアプリが動かなくなってしまった場合を除けば、強制終了させる必要はないということだ。

ただし、位置情報サービスが”常に許可”されているアプリやバックグラウンド更新が”オン”になっているアプリ、バックグラウンド再生ができる音楽アプリは例外なので注意しておくと良いだろう。

■位置情報サービスの確認
 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」

■バックグラウンド更新の確認
 「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」

 

スポンサーリンク