スポンサーリンク

auが月額4,900円からの「スーパーカケホ×データ定額1」を3月23日より受付開始

本日3月15日、KDDIは2月に発表していた「スーパーカケホ」と組み合わせて利用できる月間データ容量が1GBのデータ定額サービス「データ定額1」の提供を開始することを発表した。

このプランを組み合わせて利用すれば月額料金が4,900円から利用可能となる。

スポンサーリンク

「スーパーカケホ」×「1GB(データ定額1)プラン」はデータ通信が少ない方向け

スクリーンショット 2016-02-01 17.33.59

▲今回新しく導入されるプランは、表の赤枠で囲ってある部分だ。

上の表は、5分以内の国内通話であれば何度でも無料でかけられる「スーパーカケホ」という通話プランと組み合わせることが可能な「データ定額」プランを表しており、ここへ新たに「データ定額1」が追加された。

これにより、今後(3月23日受付開始、4月分から適用)は「スーパーカケホ」と「1GB(データ定額1)」の組み合わせが可能となり、月額料金が4,900円から利用できるようになる。(auスマートバリューと組み合わせれば月額3,966円)

ただし、この新サービスでは通話時間と通信量オーバーに注意しなければならない。

まず、「スーパーカケホ」という通話プランは月額料金が1,700円と安いものの、1回の通話は5分以内に抑えなければならず、もし5分を超過してしまうと30秒ごとに20円の通話料が別途かかってしまう。1回の通話時間が長い方は通話し放題の「カケホ」よりも逆に高くついてしまう可能性があるので要注意だ。

加えて、「データ定額1」は通信量が1GBしかないため、速度制限にかかってしまう可能性が高まる。会社や自宅のWi-Fi環境で通信することが多い方であれば1GBでも収まるかもしれないが、ほとんどの方は外出先などでモバイルデータ回線を多く利用するため、1GBではとても収まらないはずだ。

さらに、1GBプランでは毎月割が適用されずに端末代金がそのまま負担になってしまうことにも気をつけなければならない。

【関連】携帯1GBプランは安いけど通信速度制限に気をつけよう!

【関連】損しないように!1GBプランでは毎月割引の適用なし

まとめ

月額4,900円で利用可能な「スーパーカケホ」×「1GB(データ定額1)」の組み合わせは、1回の通話時間が5分以内に抑えられ、なお且つWi-Fi環境を利用するなどして1ヶ月のデータ通信量を1GB以内に抑えられる方のみオススメとなる。(ただし端末代の毎月割が適用されなくなるので要注意)

それ以外の方々は、通話し放題の「カケホ」や「データ定額2」以上を組み合わせたり、「スーパーカケホ」に「3GB(データ定額3)」以上を組み合わせるプランを利用したほうがいいでしょう。

source:au

スポンサーリンク