スポンサーリンク

ドコモ・ソフトバンク・au、2年縛りを改善した新料金プランを導入へ

先日から、auが来年度のできるだけ早い時期に2年縛りを廃止するという記事や、ドコモが2年縛りを改善した新料金プランを今年の夏に導入するという記事を書いてきたが、日本経済新聞によれば、予想どおり携帯大手3社が2年縛りを改善した新料金プランの導入で足並みを揃える形となるようだ。

スポンサーリンク

最初の2年間だけは「2年縛り」継続か

記事によると、携帯大手3社は最初の2年間の縛りは存続させたまま、2年経過後の自動更新がないプランを導入する方針のようである。

つまり、2年間のうちに解約すると従来どおり違約金が発生し、2年経過後(3年目)からは「2年縛り」の形ではなく、いつでも違約金なしで解約できる新プランを導入するということだ。

ただし、新料金プランは従来の「2年縛り」プランよりも基本料金が数百円値上げされると報じられている。

この点、最初の2年間はこれまで通りの基本料金で3年目から値上げされるのか、はたまた1年目から値上げされてしまうのかは明らかにされていないものの、おそらくは3年目からの値上げと推測できる。これがもし1年目からの値上げとなれば、多くの利用者から反発がでるものと思われる。

何れにせよ、総務省からの2年縛りの改善要求に対して上手くごまかそうとしているようにしか思えない。

数百円の値上げ幅がどれくらいになるのかは明らかにされていないが、「2年間が経過していることを忘れて違約金を支払わなければならない」という問題が、「2年間が経過していることを忘れていつのまにか高い基本料金を支払っていた」という問題にすり替わるだけのような気がしてならない。

このままでは、多くの利用者が格安SIMの利用に切り替える可能性が高いかもしれない。

source:日本産経新聞

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク