スポンサーリンク

ドコモの「シェアパック5」は3月1日から!さらに4月に料金値下げ第2弾を検討か

NTTドコモが、データ通信の利用が少ない方向けに、家族で毎月5GBのデータ量を分け合える「シェアパック5」(月額6,500円)を、2016年3月1日から開始することを正式に発表した。

「シェアパック5」は「ずっとドコモ割」の対象となり、ドコモの利用年数が15年以上の方であれば割引が適用されるため、対象の方は800円割引の月額5,700円で利用可能だ。(10年以上の方は600円割引)

詳しくは下表のとおり。

スクリーンショット 2016-01-29 17.12.57

併せて、国内通話が1回あたり5分以内であれば月額1,700円で何度でも通話できる「カケホーダイライトプラン」の適用となるパケットパックが拡大され、「シェアパック5」「シェアパック10」でも「カケホーダイライトプラン」と組み合わせることができるようになる。

 

 

スクリーンショット 2016-01-29 17.15.40

▲これは家族3人で「カケホーダイライトプラン」と「シェアパック5」(「U25応援割」の1GBプレゼント含め合計6GBのデータ量)を利用した場合の料金のイメージである。

このイメージによれば、合計13,500円を3人で割って、家族一人当たり4,500円で利用できることになる。

さらに、「ずっとドコモ割」を適用できる方であれば最大4,233円まで料金を下げることが可能とのこと。

4月にさらなる料金値下げを検討か

加えて、ブルームバーグによると、NTTドコモの鵜浦博夫社長は22日に「移動体通信の料金見直しをまだやるつもり」と述べ、さらなる料金の値下げを示唆した模様。

記事によれば、4月にも値下げの発表が行われる可能性があるようだ。

消費者としてはまだまだ携帯料金は高すぎるため、ドコモがさらなる値下げを発表して、それにつれ他社も値下げに踏み切る形になれば嬉しい限りである。

source:NTTドコモ , Bloomberg

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク