スポンサーリンク

LINE、複数のスマホ端末からアクセスできないように仕様変更

LINE

LINEは22日に公開したiPhone版(ver 5.10.0)より、限定的な条件下で複数端末からアクセスが可能だった仕様を変更し、同時アクセスを不可能にしたと発表した。

限定的な条件下とは、

・アクセスの対象となるiPhone端末を物理的に保有し、当該端末の認証パスワードがわかっていて、パスワード解除ができる状態であること

・その上で、PC(Windows/Mac)を用意し、当該端末からiTunesアプリケーションを使ってPCとiPhoneを物理的につないでバックアップ操作を行うことができる環境下にあること

・さらに、別のiPhone端末を用意し、当該端末のバックアップデータを展開し、LINEアプリを起動できた場合

である。

また、LINEで本人確認をする手段となるメールアドレスとパスワードの管理を徹底するように呼びかけている。

有名人の情報流出トラブルも、上記のような限定的な条件下で行われたのではないかと推測できるが、身近なところでも知らぬ間に同じような手口で情報が流出していたかもしれないと考えると恐ろしい。

LINEだけに限らず、他のサービスでも複雑なパスワードの設定をしたり、パスワードの使い回しを避けるなど工夫して、自分の個人情報は自分で守るように心がけたい。

source:LINE Corporation

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク