スポンサーリンク

Googleアドセンス、ポリシー違反通知から申し立て、改善までの一部始終

Googleさんからお手紙ついたー

つんじさんたら読まずに食べたー

・・・・・・

いやいや、食べてはいけません。

てか、メールだし。

でもさ、嫌な予感しかしないよね。

できればほんとに読まずに食べたい。(笑)

しかし、そういうわけにもいきませんので開いて読んでみました。

その内容は、やはりGoogle AdSense ポリシー違反の件でした。

ガーン!!!

というわけで、今回はポリシー違反解決までの一部始終をご紹介します。

 

スポンサーリンク

アドセンスを使っているひとはポリシー違反に注意

porisi1

▲これが実際の通知。

ぼくはアドセンスも収益の一部としていますが、同じようにアドセンスを使っているひとはポリシー違反に注意してください。

もしぼくと同じポリシー違反になると、そのサイトへの広告配信が停止されます。

今回のポリシー違反は不幸中の幸いで、昔少しだけやっていたブログでのことだったんですが、もしこれが今ガンガンやっているブログだったら本当に大変でした。

プログラムポリシーはしっかり確認しておきましょう。

Googleプログラムポリシー

 

ポリシー違反の通知がきたときの対処

まず、なぜポリシー違反になったのかを把握するために自分のサイトを見直します。

原因は人それぞれですが、その原因がわかったらサイトを修正して、Googleに申し立てを行いましょう。

porisi2

▲ちなみにこれは実際にぼくが申し立てをした内容。

ぼくの場合はすでに使っていないブログでしたので、広告だけでなくサイト自体を閉鎖しました。

 

Googleからの返信

スクリーンショット_2015-01-23_10_39_46

▲これが実際の返信内容。

なにやら、再審査をしてもらうには広告コードを設置しておく必要があるんですね。

今回のぼくの場合はサイトも完全に閉鎖して、今後そのサイトでアドセンスを利用することがなくなったので、もう申し立てを送る必要はないそうです。

 

ひとこと

ちなみに上記の対処(サイト削除)では、アドセンスの管理画面にあるポリシー違反は永遠に「解決」と表示されることはありません。おそらく。

Google側としては、またサイトを再開されたら困りますしね。

しっかりと「解決した状態」にしたいひとは、サイトを削除せずに修正して再審議をしてもらいましょう。

今回はアカウント停止へのイエローカードが1枚出たつもりで、今後は気をつけて運営していこうと思います。

皆さんも気をつけてくださいね!

ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク