スポンサーリンク

またもFacebookアプリのバッテリー消費問題が再燃か?

昨年、Facebookアプリが iPhone の電池持ちを悪化させる問題が話題になり、そのときはFacebookが問題を修正したバージョンをアップデートして事態は収まったかに思われた。

しかし、ここにきてまたしても昨年と同じ問題が話題になっている。

スポンサーリンク

Facebookアプリの有無で電池持ちが15%も違う?

The Guardianのamuel Gibbs氏によると、iPhone6s Plus からFacebook公式アプリをアンインストールした結果、バッテリーが平均して15%改善されたという。

amuel Gibbs氏の実験方法は、Facebookアプリを使用した場合と、アプリをアンインストールしてSafariからFacebookを利用した場合の電池消耗を1週間毎日同じ時間に測定するというもので、実験の結果、平均して15%の差が出たようである。

これについてFacebookの広報担当者は問題を調査中としているが、事実であれば早めの改善を期待したいところだ。

iPhone の電池持ちが悪くて困っている方は、しばらくの間はFacebookアプリをアンインストールしてSafariから利用するといいかもしれない。

Source:MacRumors

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク