スポンサーリンク

Macでスクショのファイル名が長すぎて日付が見にくいときの解決法

Macでスクリーンショットを撮ってデスクトップに保存した場合、デフォルトの状態では下の画像のようにファイル名が長すぎて肝心の日付が省略されてしまう

スクリーンショット 2016-02-07 14.55.23
▲デスクトップでの表示例。

これでは、2016年2月何日なのかが分かりにくい。

スポンサーリンク

「スクリーンショット」の文字を変更する

解決策としては、ファイル名の「スクリーンショット」という箇所を別の文字に変更するやり方がある。

方法は以下のとおりだ。

 

スクリーンショット_2016-02-07_14_57_07

▲まず、「Finder」>「アプリケーション」>「ユーティリティー」>「ターミナル」と進み、上のキャプチャ画像のようにターミナルを開く。

 

 

スクリーンショット_2016-02-07_15_01_00

▲そのまま、


defaults write com.apple.screencapture name "ss"

 

というコマンドを追加する。(コピペ可)

 

 

ss_2016-02-07_15_01_27

▲コマンドを追加した状態で「enterキー」を押すとこのようになる。

これで作業は完了だ。

 

 

ss 2016-02-07 15.03.44
▲試しにスクリーンショットを撮影してみてほしい。「スクリーンショット」という文字列が「ss」と表示されれば成功だ。日付も省略されずにきちんと表示されている。

ちなみに、上記コマンド内にある「ss」の箇所は好きな文字を指定しても大丈夫である。(未入力の場合は日時だけ表示される)

設定を元に戻したい場合は、「ss」の箇所に改めて「スクリーンショット」と入れてエンターを押せばOK。

気になっていた方はお試しあれ!

【追記】

最近の僕はフォルダ内の表示も見やすくするために「ss」は表示させていない。コマンドは以下のとおり。

defaults write com.apple.screencapture name ""

こんな本はいかがですか?

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク