スポンサーリンク

無料請求書・見積書作成サービス「Misoca」がマジで使いやす過ぎる!簡単見積書作成4ステップをご紹介

今回はぼくがいつもお世話になっている無料請求書・見積書作成サービスのMisoca(みそか) に関するエントリー。

Misocaに関しては以前に請求書の作成方法をエントリーしましたが、今回は見積書作成の過程をご紹介します。

いかにカンタンに、しかも無料(作成数制限もなし)で見積書が作成できるのかをご覧ください。

スポンサーリンク

ステップ1:はじめの一歩。

Misoca_見積書作成方法
▲まずは「見積書」タブを選択して「見積書を新しく作る」をクリック。 

 

ステップ2:基本情報を入力するべし。

Misoca_見積書作成方法
▲このように見積書の新規作成画面が現れますので必要事項を埋めていきましょう。(必須ではないが件名や詳細も入れたほうが出来上がりが良い)

ちなみに、基本情報の右にある「送付先」は相手先に郵送したいときに入力します。(送付機能は有料なので使わない人はスルーしときましょう)

さらに右にある「課税設定」では、税率などの設定ができるのでチラッと覗いてみてくださいね。

ステップ3:そのまま下にスクロールするべし。

Misoca_見積書作成方法
▲基本情報を入力したらそのまま画面を下にスクロールさせて、今度は品名や金額を入力しましょう。

入力し終わったら「保存する」をクリックします。(「お客様一覧に登録する」にチェックを入れておけば、次回から同じ取引先への見積書作成がラクになります。)

ステップ4:見積書の提出方法を考えるべし。

Misoca_見積書作成方法
▲ここまできたら見積書は出来上がっていますので、あとは取引先にどう提出するかを決めるだけです。

  • 「FAX送信」 → 取引先に見積書のFAXを送付できます。(これは有料。記事執筆時現在で1通60円)
  • 「メール配信」 → 一文を添えて取引先にメールで見積書を送ることができます。ぼくはコレをよく使ってます。
  • 「PDF」 → PDFファイルとしてご自身のPCに保存できます。
  • 「印刷」 → 取引先に訪問して手渡しする場合は見積書を印刷できます。

管理人のひとこと

Misoca_見積書作成方法
▲これが実際の完成した見積書です。いかがですか?

何回作っても無料なところが嬉しいですね。

操作もカンタンだし、フリーランスの人にはかなりオススメですよ。

ではまた!

【追記:2017/4/24】
2017年4月24日、Misocaより料金体系の変更が発表され、5月1日より請求書の無料作成枚数が月間5通までに変更となります。(見積書・納品書作成は無制限のまま)

また、請求書の郵送サービスも無料プランでは利用できなくなります。

Misoca

すでにMisocaを利用中のユーザーには2017年6月1日(木)以降、Misocaアプリ(Web版)にログインした時に移行の申し込みを案内するメッセージが表示され、既存のデータを引き継ぐことが出来ます。(移行期間は2017年6月1日から8月31日)

なお、Misocaを継続して使うには弥生株式会社の弥生IDが必要になるとのことです。

新料金プランなど、詳しくは公式ページをご覧ください。

▶︎クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか) 

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク