スポンサーリンク

食材や味に優しさを感じるお店「ご飯ととろろ とろ麦」リバーウォーク店に行ってきた!

今回は福岡県北九州市小倉北区にある「ご飯ととろろ とろ麦」のリバーウォーク店で食事をしてきた。

舌が回らないような名前だが、お客さんは割と多かった。余計なお世話だが、お店はきちんと回っているようだ。

冗談はさておき、ここはチェーン店なので全国的にも知っている人が多いのではないか。

では、さっそくご紹介しよう。

スポンサーリンク

深い言葉が刻まれている湯のみ

IMG_2785

▲料理の紹介をする前に、まずは湯のみを見てほしい。なにやら「人生の修行」と題された深い言葉が刻まれている。

湯のみを回転させてみよう。

IMG_2786

IMG_2787

▲すべて繋げるとこう書いてあった。

『人生の修行

苦しいこともあるだろう

言いたいこともあるだろう

不満のこともあるだろう

腹のたつこともあるだろう

泣きたいこともあるだろう

これらをじっとこらえてゆくのが

人生の修行である』

 

山本五十六という人物の名言なのだが、料理が運ばれてくるまでの間に必ず読んでしまう。

人生はいろいろあるが、今日は体に優しい料理でも食べて心を癒してくれ、というメッセージなのだろうか。

だとすれば粋なはからいである。

食材や味に優しさを感じるお店「ご飯ととろろ とろ麦」

IMG_2788

IMG_2789

▲今回注文したのは「京風揚げ出し豆腐」(1,058円)

とろろは別料金で、大中小が選べるが試しに小サイズ(205円)を選んだ。

とろろの味も「だしとろろ」「梅とろろ」「明太子とろろ」から選べる。僕は梅を選んでみた。

それから、ごはんの種類も「麦もちご飯」「雑穀米」「しそじゃこご飯」の中から選択できる。こちらは雑穀米を選択した。

いかにも体に優しそうな料理であるが、やはり味も美味しかった。なんというか、優しさを感じる味だ。

とろろの中にはすでに出汁が含まれているため、そのままごはんにかけて食べることができる。味が薄く感じる人はテーブルにある醤油をかけて食べるといいだろう。

また、男性には一見、もの足りなさそうに感じるかもしれないが侮ることなかれ。なんと麦ご飯であればおかわり自由なのだ。

これで合計1,263円とは、なかなかのコストパフォーマンスではないか。

ただ、会計のときに次回の来店で使える「とろろ無料券」がもらえるのだが、有効期限が約1ヶ月間しかないのが少し残念だった。なかなか1ヶ月以内に同じ店に行く機会がないので、できれば有効期限も料理のように優しめに設定しておいてほしいところだ。

とはいえ、無料券がもらえるだけでも有難い話ではあるが……。

全ての県ではないが「ご飯ととろろ とろ麦」は全国展開しているチェーン店なので、気になった人はぜひ足を運んでみてほしい。

そうだ!北九州市に行こう!

今回のお店情報

関連ランキング:麦とろ | 西小倉駅平和通駅小倉駅

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク