就職面接の質問「ポジティブかネガティブか」について実際に僕がした回答

就職面接試験の定番と言っても過言ではない「あなたはポジティブなほうですか。それともネガティブなほうですか」という質問。

あなたならどう答えますか?

僕は学生時代、自分の就職面接でこう答えていました。

 

ポジティブなほうでもネガティブなほうでもなく、リアルさを大事にしています。

 

なかかな変わった回答例だと思いますが、実際にこの返答で一部上場企業の就職試験に合格したので自分では良い答えだったと自負しています。

 

僕の記憶だと、当時の面接官との会話の一部始終はこんな感じでした。

 

面接官
あなたはポジティブなほうですか?それともネガティブなほうですか?
つっつん
ポジティブなほうでもネガティブなほうでもなく、リアルさを大事にしています。
面接官
ほぉう。リアルさですか…
つっつん
はい。ポジティブなときもあればネガティブになってしまうときもありますが、ネガティブになってしまう自分もリアルに受け入れ、次の一歩を早く踏み出せるように普段から意識しています。
面接官
なるほど。

 

SNSなどで情報が飛び交う今の時代はどうなのか分かりませんが、僕が就職活動をしていた約15年前はこういった返答をしてくる学生はあまりいなかったでしょうから間違いなく面接官の印象には残ったと思います。

以下では面接対策をしていた当時の僕がこの回答に行き着いた経緯をご紹介します。

就職面接の質問で『ポジティブでもなく、ネガティブでもなく、リアルに。』という回答に行き着いた経緯

ポジティブでもなく、ネガティブでもなく、リアルに。

実はこのセリフ、とある本からの受け売りなんです。要するに、パクリですね。笑

面接対策をしていた当時の僕は、自分はポジティブなほうか、それともネガティブなほうか、という質問に対してこんな風に悩んでいたんです。

 

「ポジティブな日もあればネガティブな日もあるもんなぁ。ポジティブなほうかネガティブなほうかってことは、どちらかといえば〇〇ですってな感じで答えればええんかなぁ。けど僕はどちら寄りでもないんだよなぁ。」

 

と。

完全に迷走してますね。

そのことについて友人からは「深く考え過ぎでは?」と言われました。大学の就職相談室でも「とりあえずポジティブだって言っておけば好印象だよ!」というアドバイスを貰った気がします。

でもなんか腑に落ちない…

そうやってこの答えについてしばらく悩んでいたときに、たまたま友人がくれた本の中から『ポジティブでもなく、ネガティブでもなく、リアルに。』というフレーズを見つけたんです。

この本が本当に伝えたいのは就職面接の答えではないでしょうが、どう捉えるかは自分次第。「これやん!」と思ったのを今でもハッキリ覚えています。

 

 

つまり、ポジティブかネガティブかの2択で迷うことはなかったんですよね。そこにはリアルという答えが隠されていたわけです。

この言葉はポジティブな日もネガティブな日も同じくらいあって、どうしてもどちらか1つを選択できない僕にとって、嘘偽りのないありのままの自分を表現してくれた素晴らしい名言でした。

まとめ

もし当時の僕が「ポジティブなほうです」という答えに絞って受け答えをしていれば、おそらくありきたりな回答になってしまい面接試験の合格はなかったかもしれません。

これから先の人生、気が付かない間に固定概念にとらわれてしまうような出来事があるかもしれません。なにかの選択肢に迫られて腑に落ちないことだってあるでしょう。

そんな時こそこの名言のように、違う角度からも物事を柔軟に考えられるような人になりたいものです。

 

P.S. 面接試験で僕と同じ回答をして不合格になっても責任はとれませんのであしからず。入社後に聞いた話では、その面接官は少し変わった人を好む傾向にあったそうですから。笑

他の就活生と差がつくオススメの無料自己分析診断

おすすめの無料自己分析ツール「グッドポイント診断」のやり方・使い方

↑リクナビNEXTの自己分析サービス「グッドポイント診断」を知っていますか?

メアドと必要事項を入力すれば無料診断ができます。他の就活生と差をつけたいなら必ずやっておくべき自己分析サービスなのでまだの人はぜひ。

今回の名言が記載されている本

『ポジティブでもなく、ネガティブでもなく、リアルに。』という名言は高橋歩さんの「人生の地図」という本で見つけました。

「人生つまらないな」「人生楽しくないな」と感じている人は読んでみると心を動かされる素敵な名言に出会えるかもしれません。

広告