スポンサーリンク

僕がNetflix(ネットフリックス)の無料期間中に見たオススメの作品3つ

Netflixの無料お試し期間がそろそろ終わりを迎えようとしているんですが、やっぱりいいですねぇ〜動画サービス。

今後はNetflixAmazonプライム・ビデオのどちらかを有料契約しようと思うようになりました。

それはさておき、今回は僕がNetflixの無料お試し期間中に見たおすすめの作品を3つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

苦役列車

なぜかまだ読んでなかった苦役列車。西村賢太さんがこの作品で芥川賞を受賞したことで有名ですね。

もし自分の親が犯罪者だったら、もし自分が中卒だったら、もし自分が日雇い労働者だったら、ソープランド代で家賃も支払えず家を追い出されたら……。

この作品はそんな風に自分ならどうするかを考えながら見るといいんじゃないかなぁ。

時に荒くれ者だけど、実はシャイで繊細な一面も持つ19歳の北町貫多役になりきった森山未來さんの素晴らしい芝居に注目してほしいと思います。

ソラニン

普段青年漫画はあまり読まないけど、浅野いにおさんのソラニンは浅野さんが「情熱大陸」に出演した頃からちょっと気になっていました。

若者の夢への葛藤がリアルに描かれた作品だけど、10代や20代前半くらいのひとはみんな読んでるのかな?

夢への葛藤について30代前半の僕の考えとしては、確かに現実と理想が違うと感じることはよくあるし、そのことで夢や目標を諦めてしまいそうになることもあるけど、その夢を追いかけられる最低限の環境と健康な体がある限りは追いかけ続けていいと思います。

むしろ追いかけるべきです。追いかけたくても追いかけられなくなってしまった人もたくさんいるわけですから。

大袈裟かもしれませんが、不慮の事故などで明日自分が命を落とす可能性だってあるわけです。人は産まれた時から死と隣り合わせで生きているんですよね。だから、自分が死ぬ間際にできるだけ後悔しないように周りの反対の声などに流されすに夢を追いかけるべきだと僕は思います。そうすればきっとその先に何か見えてくるものがあるはずです。

また、夢が見つからないって人は取り敢えず少しでも興味が湧くことにどんどん首を突っ込んでみるといいですよ。

そしたらいつか、自分はこれで飯を食っていきたいと思えるようなことに出会えるんじゃないかなと思います。

1日1ドルで生活

米国から4人の若者がグアテマラで1日1ドル以下で暮らす極度の貧困を直に体験するドキュメンタリーです。

濁った水、少ない食料、土の上にゴザを敷いただけの寝床、不定期の少ない収入。できる限り現地の生活環境に近づけて56日間を過ごしていきます。

途中、メンバーが不衛生な食事や寝床により発疹がでたり病気にかかりながらもなんとか任務を遂行していきます。

この作品を観れば世界の貧困の状況や今の自分がどれだけ贅沢な暮らしをしているのかがよくわかりますよ。

温かい布団の中で眠れる、きれいな水が飲める、満腹になるまで食事ができるという環境を当たり前と思わずに、感謝しながら生きて行かなければいけないと気付かされます。

それでは、この作品の終盤に現地の人が言った言葉をご紹介してこの記事を終わりにしたいと思います。

ではまた!

「一つだけお願いがあるよ

忘れないで

ペニャブランカのこと

より良い生活のためだけではなく

生存のために

戦っている事を」

▼予告編

【こちらの記事もいかがですか?】
▶︎Amazonプライム会員のメリット〜プライムビデオなど超お得な特典が盛りだくさん!
▶︎Amazonプライムビデオの無料体験期間後の自動有料更新を解除する方法

スポンサーリンク