iOS 15.4/iPadOS 15.4/macOS Monterey 12.3がリリース マスク着用時でもiPhoneのFace IDが利用可能に

Appleが「iOS 15.4」「iPadOS 15.4」「macOS Monterey 12.3」をリリースしました。

「iOS 15.4」ではiPhone 12以降の端末でマスクを着用したままFace IDによる顔認証機能が利用可能となっています。

また、「iPadOS 15.4」と「macOS Monterey 12.3」にはユニバーサルコントロールが追加され、1組のマウスとキーボードでiPadとMacの両方を操作することが可能となっています。

アップデートは iOSおよび iPadOSの場合 [設定] > [一般] > [ソフトウェア・アップデート] から、macOSの場合は [システム環境設定] > [ソフトウェアアップデート] から可能です。

各OSのリリースノートは以下のとおりです。

記事執筆者つっつん
つっつん
Face ID搭載の全機種がマスク対応になれば良かったんですけどね…
あと、自分としてはiPhone14シリーズで指紋認証が復活しないのではないかという不安が頭をよぎります…

iOS 15.4 リリースノート

iOS 15.4では、iPhone 12以降を対象に、マスクを着用したままFace IDでロックを解除できる機能が追加されます。このアップデートには、新しい絵文字のほか、SharePlayのセッションを対応Appから直接開始できるオプションが追加され、iPhone用のその他の機能およびバグ修正も含まれます。

Face ID

  • iPhone 12以降で、マスクを着用したままFace IDを使用できるオプション
  • Apple Pay、およびSafariとApp内のパスワード自動入力で、マスクを着用したままFace IDを使用可能

絵文字

  • 絵文字キーボードで、顔の表情、手のジェスチャー、調度品などの新しい絵文字を使用可能
  • 握手の絵文字で、それぞれの手に別々のスキントーンを選択可能

FaceTime

  • SharePlayのセッションを対応Appから直接開始可能

Siri

  • iPhone XS、iPhone XR、iPhone 11以降では、オフラインの間もSiriが日付と時刻の情報を応答可能

ワクチン接種カード

  • “ヘルスケア”がEUデジタルCOVID証明書に対応し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種、検査結果、および回復状況の検証可能な記録をダウンロードして保存可能
  • Appleウォレットの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードがEUデジタルCOVID証明書の書式に対応

このリリースにはiPhone用の以下の機能向上も含まれます:

  • SafariのWebページ翻訳機能がイタリア語と中国語(繁体字)に対応
  • Podcast Appにエピソードフィルタが追加され、シーズンや再生済み、未再生、保存済み、またはダウンロード済みのエピソードを絞り込み可能
  • iCloudのカスタムメールドメインを“設定”から管理可能
  • “ショートカット”が“リマインダー”とのタグの追加/削除/検索に対応
  • “緊急SOS”の設定をすべてのユーザを対象に“長押しして通報”を使用するように変更。“5回押して通報”は“緊急SOS”の設定のオプションとして今後も利用可能
  • “拡大鏡”のクローズアップ機能で、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの超広角カメラを使用して小さなものを見やすくすることが可能
  • “設定”で保存済みのパスワードに自分用のメモを追加可能

このリリースにはiPhone用のバグ修正も含まれます:

  • キーボードで入力した数字の間にピリオドが挿入される場合がある問題
  • 写真とビデオがiCloud写真ライブラリに同期されない場合がある問題
  • “ブック” App内で“画面の読み上げ”のアクセシビリティ機能が予期せず終了する場合がある問題
  • コントロールセンターでライブリスニングをオフに切り替えてもオフにならないことがある問題

iPadOS 15.4 リリースノート

iPadOS 15.4にはユニバーサルコントロールが追加され、1組のマウスとキーボードでiPadとMacの両方を操作できます。新しい絵文字のほか、SharePlayのセッションを対応Appから直接開始できるオプションが含まれます。このアップデートにはその他の新機能およびiPad用のバグ修正も含まれます。

ユニバーサルコントロール

  • ユニバーサルコントロールにより、1組のマウスとキーボードでiPadとMacの両方を操作可能
  • テキスト入力はiPadまたはMacのどちらからでも可能、また両者間でファイルのドラッグ&ドロップが可能

絵文字

  • 顔の表情、手のジェスチャー、調度品などの新しい絵文字
  • 握手の絵文字で、それぞれの手に別々のスキントーンを選択可能

FaceTime

  • SharePlayのセッションを対応Appから直接開始可能

Siri

  • A12Z Bionic以降を搭載したiPad Proでは、オフラインの間もSiriが日付と時刻の情報を応答可能

このリリースにはiPad用の以下の機能向上も含まれます:

  • iPad(第5世代以降)、iPad mini(第4世代と第5世代)、iPad Air 2、iPad Air(第3世代と第4世代)、およびiPad Proで、音量コントロールをiPadの向きに合わせて調整されるように設定可能
  • iCloudのカスタムメールドメインを“設定”から管理可能
  • SafariのWebページ翻訳機能がイタリア語と中国語(繁体字)に対応
  • Podcast Appにエピソードフィルタが追加され、シーズンや再生済み、未再生、保存済み、またはダウンロード済みのエピソードを絞り込み可能
  • “ショートカット”が“リマインダー”のタグに対応。“ショートカット”を作成および編集するときにタグの追加/削除/検索が可能
  • セキュリティに関する勧告を非表示にすることが可能
  • “設定”で保存済みのパスワードに自分用のメモを追加可能

このリリースにはiPad用のバグ修正も含まれます:

  • キーボードで入力した数字の間にピリオドが挿入される場合がある問題
  • 写真とビデオがiCloud写真ライブラリに同期されない場合がある問題
  • “ブック” App内で“画面の読み上げ”のアクセシビリティ機能が予期せず終了する場合がある問題
  • コントロールセンターでライブリスニングをオフに切り替えてもオフにならないことがある問題

macOS Monterey 12.3 リリースノート

macOS 12.3にはユニバーサルコントロールが追加されているため、MacとiPadで1つのマウスとキーボードを使用できます。このリリースには、新しい絵文字、音楽の動的ヘッドトラッキング、およびMacのその他の機能とバグ修正も含まれています。

ユニバーサルコントロール(ベータ版)

  • ユニバーサルコントロールを使用すると、iPadとMacで1つのマウスとキーボードを使用できます
  • テキストはMacまたはiPadで入力でき、ファイルをそれらの間でドラッグアンドドロップできます

空間オーディオ

  • ダイナミックヘッドトラッキングは、M1チップを搭載したMacコンピューターでサポートされているAirPodsを備えた音楽で利用できます
  • Off、Fixed、Head Trackedのカスタマイズ可能な空間オーディオ設定が、M1チップを搭載したMacコンピューターでサポートされているAirPodsを備えたコントロールセンターに追加されました

絵文字

  • 顔、手のジェスチャー、家財道具などの新しい絵文字が絵文字キーボードで利用可能
  • 握手絵文字を使用すると、手ごとに別々の肌の色を選択できます

このリリースには、Mac用の次の拡張機能も含まれています。

  • Siriに追加の音声が含まれるようになり、オプションの多様性が拡大しました
  • ポッドキャストアプリは、シーズン、再生、未再生、保存、またはダウンロードされたエピソードのエピソードフィルターを追加します
  • Safari Webページの翻訳により、イタリア語と中国語のサポートが追加されます(繁体字)
  • ショートカットで、リマインダーを使用したタグの追加、削除、またはクエリがサポートされるようになりました
  • 保存したパスワードに独自のメモを含めることができるようになりました
  • バッテリー容量の読み取りの精度が向上しました

このリリースには、Macのバグ修正も含まれています。

  • Today Viewのニュースウィジェットは、クリックしても記事を開かない場合があります
  • Apple TVアプリでビデオを見ているときに、音声が歪んで聞こえる場合があります
  • 写真でアルバムを整理するときに、一部の写真やビデオが意図せずに移動する場合があります