スポンサーリンク

記事執筆依頼の役に立つプラグイン!WordPressの記事を下書き状態で相手に見せられるプラグインがあった

PR記事の依頼を受けた際に、WordPressで記事のプレビューを限定して相手に見せることができるプラグインが非常に役に立ちます。

このプラグインを使えば下書き状態の記事でも、それ専用のURLを生成してくれますのでクライアント様への記事の内容確認などにうってつけですよ。

スポンサーリンク

Public Post Preview

プラグイン名は「Public Post Preview」。使い方は簡単です。

まずはプラグインをインストールして有効化させます。

 

スクリーンショット_2015-10-18_8_50_16
▲有効化すると、ステータスが下書き状態の記事の公開セッションの中に「Public Post Preview」というチェックボックスが出てきます。

 

スクリーンショット_2015-10-18_8_50_59
チェックボックスにチェックを入れるとプレビューのURLが生成されますので、そのURLをクライアント様に教えてアクセスしてもらえば、下書き状態の記事を確認してもらうことができます。

ちなみに、ここで生成されたURLの有効期限はデフォルトでは2日間(48時間)となりますのでご注意ください。(カスタマイズしたい場合は「 function.php 」に記述を追加する必要があります)

管理人のひとこと

当ブログでもPR記事のご依頼を承っております。

お気軽にお問い合わせください。

ではまた!

スポンサーリンク