スポンサーリンク

マジか!封なし、住所違いの国勢調査利用案内が郵便受けに……

今回から初めてインターネットで回答できるようになった、5年に1度の国勢調査。

我が家の郵便受けにも投函されていましたよ。

ただ、投函の方法がずさんというか、なんというか。

スポンサーリンク

国勢調査利用案内が届いて驚いたこと3つ

驚いたのは、まず郵便受けの上からピョンと飛び出した状態で投函されていること。これが1つ目。

そして、封筒に封がされていないこと。これが2つ目。

さらに、封筒の余白に鉛筆書きされた住所が間違っていること。(隣のマンション名)これが3つ目。

いかがでしょうか?

封筒にはでっかく『《重要》中には大切なお知らせが入っています』とか書いてるわけですよ。そんな重要な封筒が、誰でも簡単に抜き取れる状態で投函され、封もされていないなんて。

しかも、配達員が配布しやすいように鉛筆で書いたと思われるウチの住所。それ、隣のマンション名ですからー!隣のマンションの同じ号室に入ったらどうするんでしょう。

まぁ実際にインターネットで回答してみると、こちら側が個人情報を入力しない限り第三者が知る由はありませんでしたが。

きっと配達した人も封筒を準備した人も、ある程度ご年配の方々なのかもしれません。そんなご年配の方々にとってインターネットの世界はカオス状態なのは分かります。ですが、ちょっとどうにかなりませんでしたかね。

早速国勢調査の偽サイトがあるとかで軽く騒ぎになりましたし、これから始まるマイナンバー制は大丈夫ですかね。たぶん個人情報流出騒ぎとか詐欺などがバンバン起きる可能性は高いと僕は思いますが……

という話でした。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク