スポンサーリンク

OS X Yosemiteからの新機能、iCloudDriveの設定方法

今回はOS X Yosemiteから新機能として加わったクラウドストレージサービスの「iCloudDrive」の設定方法について今一度ご紹介します。

ちなみに、iCloud Drive は Apple ID で1ユーザーあたり5GBの容量が無料で利用でき、それ以上の容量は月額制で有料となります。

それではまずは設定方法。  

スポンサーリンク

iPhoneの設定

IMG_1342
はじめに、これまでの iCloud を iCloudDrive にアップデートします。

「設定」>「iCloud」>「iCloudDrive」と進み、iCloudDrive をアップグレードして画像のように赤枠部分を『オン』にしてください。

Macの設定

    スクリーンショット 2014-11-28 9.53.26
「システム環境設定」>「iCloud」から『iCloudDrive』にチェックを入れます。

 

スクリーンショット 2014-11-28 9.54.47
そうすると「Finder」の左メニューに「iCloudDrive」が表示されます。

 

スクリーンショット 2014-11-28 9.55.20

スクリーンショット 2014-11-28 9.55.58
うまく表示されなかった人は「Finder」>「環境設定」で、iCloudDriveにチェックを入れてください。

それでうまく表示されるようになると思います。  

管理人のひとこと

いかがでしょうか?

Macが OSXYosemite で、iPhone や iPad が iOS8 以降の人は是非 iCloudDrive を設定してみてください。

使い方は次回エントリーします。

ではまた!

追記

「iCloudDriveの使い方」はコチラから

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク