スポンサーリンク

仕事が出来る(と思われる)人と出来ない人の決定的な違い

今回はいつもとは少し違う角度の記事ですが、もしよければお読みください。(ちょっと辛口かも)

僕は学生時代に複数のアルバイトを経験してきました。

大学を卒業後は、いわゆる東証一部上場のそれなりに有名な企業に勤め、部下やパートスタッフのマネジメントをした経験もあります。

それらの経験から、僕は仕事が出来る(と思われる)人とそうでない人には決定的な違いがあることに気がつきました。

今日はその違いについていくつかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

歩くスピード。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK75_dashsuru20140823110148-thumb-1000xauto-18280

まず一つ目は歩くスピードです。

仕事が出来る(と思われる)人の共通点として、とにかく歩くスピードが速いことが言えます。

仕事中の歩くスピードが速い人は今自分がやるべきことを明確に理解し、その目的に向かって一生懸命になっている証拠なのです。

それとは逆に、仕事ができない(と思われる)人はとにかく歩くスピードが遅い。

仕事が溜まりに溜まっているにも関わらずチンタラ歩いている姿を見かけるとやる気がないように見えます。というか、ないんでしょうね。見ていてイライラするんですよ。

そういう人に限って仕事中に「まだこんな時間?」とか「早く帰りたいなぁ」という発言が多い。

早く今の仕事を終わらせて次の仕事に取り掛かろうとする意識が低く、向上心に欠けるわけです。

結果、惰性で仕事をしていると言わざるを得ません。

いいわけが多い。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-LIG86_konnakaisyayameteyaruwa-thumb-1000xauto-16285

2つ目の仕事が出来る(と思われる)人の共通点として「いいわけをしない」ということが挙げられます。

失敗は誰にでもありますが、とにかく仕事が出来る(と思われる)人はいいわけをせず、その失敗を是正するスピードが格段に速い。

それは、一刻も早く失敗を取り戻したい、もう同じ失敗を繰り返したくない、自分を成長させたい、という前向きな意思の表れです。

逆に、仕事ができない(と思われる)人はとにかくいいわけが多い。

上司は失敗のいいわけが聞きたくて注意しているわけではないのに、出来なかったことのいいわけをつらつらと述べようとする。

そういう人を見ていると、いいわけをしている時間があったら一刻も早く失敗を取り戻そうとするべきだろうと思ってしまいますよね。

結局そういう人は、いいわけをしない人に徐々に遅れをとっていることに気がついていないわけです。

仕事のスピードやクオリティだけではなく、人間的にも。

自分で考えること。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-S001_megane0420140830144448-thumb-autox1000-17765

過去に僕の周りにはこんな強者もいました。

上司になぜ失敗してしまったのかを問われたのに対して、いつも「知りません」「わかりません」「なんででしょうね」の一点張り。

自分のことなのに自分で考えようとしない。思考停止です。話になりませんね。

そして同じ失敗は繰り返されます。失敗した理由や同じ失敗を繰り返さないためにやるべきことを考えていないわけですから当然です。

言われるうちが花とは言いますが、やがて誰からも何も言われなくなり見捨てられますよ。

言っても分からない人には言うだけ疲れますからね。

その点、仕事が出来る人は言われなくても失敗した理由を自分なりに分析して反省しています。

先ほどと同じ質問に対しても、失敗の理由と改善点、それに対する対策を述べることが出来ますし、同じ失敗をする可能性は極めて低いです。

 

「何回言ったらわかるんだ?」

このように怒られている人を一度は見たことがないでしょうか。

そういう人はほとんどが思考停止状態の人であり、惰性で仕事をしているだけの人なのです。いつまで経っても成長できません。

 

できればそういう人には近寄らないようにするべきです。

イライラしますし、コチラのリズムを狂わされそうになるだけですので。

私語が多い。(タイミングが悪い)

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green6_huropc20141123161454-thumb-1000xauto-17840

4つ目の例は、私語の多さ。

仕事ができない(と思われる)人はいつも私語が多い。というか私語のタイミングが悪い。

私語をするなと言っているわけではありません。コミュニケーションは大切です。

ですが、仕事に集中しないといけないタイミングで私語を始めるんですよ。

こういう人を空気が読めない人って言うんですよね。

そうやって他の人より仕事が遅れていくのです。

こういう人は決まって、自分が他の人より仕事が遅れている、仕事が溜まりに溜まっている、という意思が希薄です。

そして、他の人より仕事が遅れた理由は……やはり……「知りません」なのです。まさに給料泥棒であります。

その点、仕事が出来る人は集中しなければいけない時とそうでないときのオンオフのスイッチがはっきりしています。

やるときはやる、抜くときは抜く、というタイプです。

オフの時間は私語をすることもあるでしょうが、やるべきときにしっかりとやっている分仕事も速く終わります。

その結果、「アイツは仕事ができる」と思われるわけです。

身だしなみが汚い。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OZP85_nekutaiwoshimenaosu-thumb-1000xauto-15802

5つ目は身だしなみ。

仕事ができない(と思われる)人は身だしなみが汚い。

僕の経験上では、仕事場に部屋着のような穴の空いたヨレヨレのTシャツを着てきたり、スニーカーのかかとが折れ曲がっている人は要注意です。

そういう人は普段の私生活からすでに時間に追われていて、寝癖頭のまま出社してきたり遅刻してくるケースが多いと思います。

私生活ですら時間に追われている人が、仕事を段取り良くスムーズにこなせるわけがありません。

格好がだらしない人は仕事もだらしない仕事しかできません。

靴もきちんと履いてこれない人が、スピーディーに仕事ができるわけがありません。そもそもそんな靴の履き方では速く歩けませんからね。

もし周りに仕事ができる人がいたら是非身だしなみをチェックして参考にして頂きたい。

余程の奇才をもつ人でない限り、最低限の身だしなみは必ず整っているはずです。

あとがき

挙げればキリがない内容ですが、僕のこれまでの経験から最も重要だと思うことを厳選して書いてみました。

「確かにこんな人たちいるよね!」と共感した人もいれば「やばい、自分のことかも。」と思った人もいることでしょう。

「やばい、自分のことかも。」と思った人には、諦めたり投げやりにならずに自分が成長するための努力をしてほしいと思います。

「自分のことかもしれない」と思えた人は、これからまだまだ成長できる人です!

自分の伸びしろを信じて、これから仕事ができる人に成長できるよう頑張りましょう!

【就職・転職おすすめサイト】
▶︎就活をするなら必ずやっておきたい無料自己分析サービス「グッドポイント診断」を提供する「リクナビNEXT
▶︎業界最大級の非公開求人数とNo.1の転職支援実績を誇る転職エージェント「リクルートエージェント
▶︎20〜30代に転職サポートに強く首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人が多数「マイナビエージェント
▶︎東京都が行う29歳以下の若者正社員チャレンジ事業「TOKYO START LINE
▶︎年齢制限がほぼない介護系の仕事なら「かいご畑
▶︎管理職向け求人なら日本最大級のハイクラス転職サイト「ビズリーチ

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
文響社 (2017-03-24)
売り上げランキング: 275

 

スポンサーリンク