「iOS 14.7.1」「iPadOS 14.7.1」「macOS Big Sur 11.5.1」がリリース

Appleが「iOS 14.7.1」「iPadOS 14.7.1」「macOS Big Sur 11.5.1」をリリースした。

iOSのアップデートには、Touch IDを搭載したiPhoneにおいてペアリング済みのApple Watchのロックを解除できない問題が修正されている。

また、全OSに共通して重要なセキュリティアップデートも含まれているとのこと。

アップデートは iOSおよび iPadOSの場合 [設定] > [一般] > [ソフトウェア・アップデート] から、macOSの場合は [システム環境設定] > [ソフトウェアアップデート] から、お時間に余裕があるときにどうぞ。

iOS14.7.1およびiPadOS14.7.1リリースノート

Available for: iPhone 6s and later, iPad Pro (all models), iPad Air 2 and later, iPad 5th generation and later, iPad mini 4 and later, and iPod touch (7th generation)

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

(翻訳)

利用可能:iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)

影響:アプリケーションは、カーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しています。

説明:メモリ破損の問題は、メモリ処理を改善することで解決されました。

「macOS Big Sur 11.5.1」リリースノート

Available for: macOS Big Sur

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

(翻訳)

利用可能:macOS Big Sur

影響:アプリケーションは、カーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しています。

説明:メモリ破損の問題は、メモリ処理を改善することで解決されました。

広告