iPhone 13シリーズは本体の厚みが増す?

iPhone 13(仮称)シリーズは iPhone 12シリーズと比べ、筐体が若干厚くなるかもしれない。

MacRumorsが確認したという iPhone 13シリーズの回路図では iPhone 12シリーズよりも筐体の厚みが増し、カメラ部分の厚みも増えている模様。

具体的には、iPhone 12の厚みが7.4mmだったのに対し iPhone 13 / 13 Proは7.57mmと0.17mm増加し、カメラ部分はiPhone 12 / 12 Proが1.5mm〜1.7mmだったのに対し iPhone 13は2.51mm、iPhone 13 Proは3.65mmまで厚みが増すのだとか。

ただし、iPhone 13シリーズはカメラ部分の土台も厚くなっているためレンズだけが突出して見えることはないとのこと。

筐体の厚みに関しては気にならないレベルだが、カメラ部分が厚くなりすぎるとデスクに置いたときに本体のバランスが悪くなってしまう。カメラの進化の代償と言ってしまえばそれまでだが、個人的にはケースを付けない状態でも快適に使える設計を期待したいところではある。

広告