買う前に知っておきたい車の年間維持費と節約方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


車ってほんとぜいたく品だなって思います。

僕は年式の古い車に乗っていることもあり、車の不具合が多々起きます。

ほんとにこれまでありとあらゆる箇所を修理してきました。

その度にかさむ修理費用はバカになりません。ここ数年で軽自動車が1台買えるほどの修理代を支払ってきました。

【関連】車のタイヤ付近から地面に液漏れ。疑う箇所と修理費用

とはいえ、僕が住んでいる地域は車がないと不便な田舎ですし、年式が古いのは自分が好きで購入したわけですから仕方がないんですけどね。

そうは言っても車が不具合を起こして大きな修理費を支払うたびに「普通の車にしとけばよかったかな…」なんて思うわけです。

しかも車の維持費は修理代だけではありませんからね。ガソリン代や車検代、オイル交換費用などなど、いろんな出費が嵩んできます。

車を買う前に必要な年間維持費を把握しておくべし!

僕が今の車を買ったのは23歳のときでした。就職してお金が貯まったタイミングでずっと乗りたかった車を購入したんです。

ですが、そのときは好きな車に乗りたい一心で維持費のことなんて全く考えもせず購入してしまいました。

今考えると浅はかだったなと思います。きとんと年間維持費がどれくらいかかるのか把握しておくべきでした。

ですから、就職したばかりでマイカーの購入を検討している方にはとくに自分が購入しようと考えている車の年間維持費を把握しておくことをおすすめしたいです。

ちなみに僕の車(4WD)の場合は以下のとおりです。

車の維持費

  • 車検(2年に1度):100,000円(車検時に修理する箇所が見つかればさらに数万円の加算)
  • 保険(毎月):5,000円~6,000円(僕はゴールド免許で年齢は32歳。等級にもよるため若い方は最初の数年間もっと高額に)
  • 自動車税(1年に1度):60,000円(車の排気量などによって違う。軽自動車が安い)
  • 駐車場代(毎月):家賃に込み(地方だと数千円、都会だと数万円くらい?)
  • 月々のガソリン代:10,000円(燃費とか走行距離とかによりけり)
  • エンジンオイル及びオイルフィルター交換(目安は半年に1度、もしくは5,000kmに1度):5,000円

年間に換算

上記の維持費を年間に換算するとこんな感じです。

◼︎車検:50,000円

◼︎保険:66,000円

◼︎自動車税:60,000円

◼︎駐車場代(毎月):0円

◼︎ガソリン代:120,000円

◼︎エンジンオイル及びオイルフィルター交換:10,000円

年間合計:306,000円

いかがでしょうか?

あくまでも僕の車の維持費ですが、参考程度にはなるかと思います。

ちなみに、これでも駐車場代や不定期に訪れるであろう修理費は全く入ってない最低の費用です。

それに加え、消耗部品もやがて交換の時期がやってきます。(タイヤ、ライト、ブレーキパッド、バッテリー、ラジエター液、ワイパーゴムなどなど)

さらに車体をローンで購入するなら毎月のローンの支払いも出てきますよね。

というわけで、初めて車を買うときはこのような維持費がかかることも把握した上でよく考えてから購入するようにしましょう。

見積もりは複数取るべき

車検費用(見積書)

緊急を要する故障でない限り、見積もりは複数社から取るほうが安く済ませることができます。

なぜなら一番安いところを選べるからです。

僕も時間がある時はできるだけ複数の見積もりを取るようにしていますが、そこで注意したいのがディーラーの見積もりです。

というのも、やはりディーラーの見積もりは工賃が非常に高いです。

ディーラーという安心感はありますが、やっぱり費用が高いと躊躇してしまいますよね。費用重視の方は最初からディーラーの見積もりは取らずに町の整備工場などを利用すると良いでしょう。

車検費用は節約できる

楽天Car車検

車の維持費はとても高いですが、だからこそ節約できそうなところは節約したいですよね。

その点、車検費用に関しては「楽天Car車検」というサービスでちょっとした節約ができます。

気になる方は下記の記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!