スポンサーリンク

車ってほんと奢侈品!年間維持費ってどれくらい?

車ってほんと奢侈品だなって思います。

僕は年式の古い車に乗っていることもあり、車の不具合が多々起こります。

ほんとにこれまで、ありとあらゆる修理を施してきました。

そしてその度にかさむ修理費用はバカになりません。ここ数年で軽自動車が1台買えるほどの修理代を支払ってきました。

とはいえ、僕が住んでいるのは車がないと不便な田舎ですし、年式が古いのは自分が好きで購入したわけですから仕方がないんですけどね。

それでも車が不具合を起こすたびに、「この低年収時代に若者の車離れは当然だよなぁ」とつくづく思うわけです。

スポンサーリンク

今回の故障はワイパー

1ヶ月前くらいからワイパーの調子が悪くなってきたことには気がついていました。

雨でワイパーを動かすたびに「キューッ!」という異音がしていたんです。

その異音はみるみるうちに大きな音に変わり、次第にワイパーの動き自体もぎこちない感じになってきました。

結局、ワイパーの付け根部分の部品(ワイパーピボット)の交換で直ったんですが、かかった修理費用は15,887円。

比較的軽微な故障であったにも関わらず、やはりこれくらいの修理代がかかってきます。

見積もりは複数取るべき

緊急を要する故障でない限り、見積もりは複数社から取るほうが安く済ませることができます。

つまり、一番安いところで修理してもらうわけです。

僕も毎回複数の見積もりを取るようにしていますが、そこで注意したいのがディーラーの見積もり。

というのも、ディーラーでの見積もりはいつも工賃が非常に高い印象です。今回の見積もりにしても、更に5,000円以上は上乗せされたものを提示されました。

この点、ディーラーという安心感を重視する場合を除けば、町の車屋さんのほうが確実に安くなります。

今までディーラーにしか持っていったことがない方は、町の車屋さんという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

年間で必要な維持費は知っておくべき

どんな車を購入するかによって維持費は変わってきますが、自分が購入しようと考えている車の年間の費用くらいは把握しておいたほうがいいと思います。(とくに就職したばかりで車を初めて購入する若い方とか)

ここでは僕の車の年間費用をざっくり列挙してみます。

車の維持費

◼︎車検(2年に1度):100,000円(もし車検時に修理する箇所が見つかればさらに数万円の加算は当たり前)

◼︎保険(毎月):5,000円~6,000円(僕はゴールド免許で年齢は32歳。若い方は最初の数年間もっと高額)

◼︎自動車税(1年に1度):60,000円(車の排気量などによって違う。軽自動車が安い。)

◼︎駐車場代(毎月):家賃に込み(地方だと数千円、都会だと数万円くらい?)

◼︎月々のガソリン代:10,000円(燃費とか走行距離とかによりけり)

◼︎エンジンオイル及びオイルフィルター交換(目安は半年に1度、もしくは5,000kmに1度):5,000円

年間に換算

これを年間に換算するとこんな感じですね。

◼︎車検:50,000円(もし車検時に修理する箇所が見つかればさらに数万円の加算は当たり前)

◼︎保険:66,000円(僕はゴールド免許で年齢は32歳なので結構安いほう。若い方は最初の数年間もっと高額)

◼︎自動車税:60,000円(車の排気量などによって違う。軽自動車が安い。)

◼︎駐車場代(毎月):0円(地方だと数千円、都会だと数万円くらい?)

◼︎ガソリン代:120,000円(燃費とか走行距離とかによりけり)

◼︎エンジンオイル及びオイルフィルター交換:10,000円

年間合計:306,000円

ひとこと

いかがでしょうか?

あくまでも僕の場合ですが、これでも駐車場代とか、不定期に訪れるであろう修理費が全く入ってない最低の金額ですよ。

それに加え、車に使われている消耗品もやがて交換の時期がやってきますよ。(タイヤ、ライト、ブレーキパッド、バッテリー、ラジエター液、ワイパーゴムなどなど)

さらに、車体をローンで購入するなら毎月のローンの支払いも出てきますよ。

初めて車を買うときは、このような維持費のこともよく考えてから購入するようにしましょう。

ではまたぁ。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク