RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112 レビュー|MacBook Proの充電も可能

本記事ではモバイルバッテリーやUSB充電器などで有名な RAVPower(ラブパワー)のPD対応 61W 急速充電器「RP-PC112」をレビューする。

61WのUSB-C急速充電器があれば iPhoneや iPadはもちろん、一部のノート型MacBookを急速充電することもできる。

ノート型MacBookまで充電できる急速充電器をお探しの方はご参考にどうぞ!

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112 レビュー

まずは各種ノート型Macbookの充電に最適なW数を確認しておきたい。

最適出力数W数モデル
29W12インチ MacBook(2015年以降に発売されたモデル)
30W12インチ MacBook / MacBook Air(2018年以降に発売されたモデル)
61W13インチ MacBook Pro (2016年以降に発売されたモデル)
87W15インチ MacBook Pro (2016年以降に発売されたモデル)
96W16インチ MacBook Pro (2019年に発売されたモデル)

表のとおり、本記事でレビューするRAVPower 61W USB-C 急速充電器では「13インチ MacBook Pro」まで急速充電可能となっている。(1.8時間でフル充電)

ちなみに、本来87W必要な15インチ MacBook Proを61W USB-C 急速充電器で充電することも可能と言えば可能だが、充電速度が遅かったりMacを使いながらだとじわじわバッテリー残量が減っていく現象が起きる可能性がある。きちんと最適W数に近い充電器を購入するよう気をつけていただきたい。

 

記事執筆者つっつん
ブログ運営7年目
つっつん
RAVPowerは90Wタイプの充電器も販売してますよ!

この商品を買った理由

続いて、筆者がこの商品を買った理由は下記のとおり。

  • iPhone、iPad Pro、13インチMacBook Proに対応した新しいPD対応急速充電器が欲しかったから
  • GaN (窒化ガリウム) が採用されたコンパクトサイズの急速充電器が欲しかったから
PDとはPower Deliveryという給電規格の略で、USB PDに対応した充電器は従来の充電器よりも大きな電力供給が可能。
GaN (窒化ガリウム)とは人工衛星等の産業用機械に用いられていた次世代パワー半導体素材。充電器を小型化・高効率化し、耐久性も向上する。

iPhoneを充電する目的だけで充電器を購入する方は以下の項目に注意してほしい。

iPhone用に急速充電器を購入するときの注意点(2021年2月時点)

  • 急速充電に対応しているのは「iPhone 8 / 8 Plus」以降の機種。(iPhone 8 / 8 Plusも含む)
  • 「iPhone 11 Pro / 11 Pro Max」には最初から18W出力の電源アダプタが付属されてあるため別途急速充電器を購入する必要はない。(2020年9月まではiPhone 11にも18Wアダプタが付属されていた)
  • 「iPhone SE(第2世代)」と「iPhone XR」は2020年10月から5Wの充電器が同梱されなくなった。「USB-C to Lighteningケーブル」のみが付属されているため急速充電器のみの購入でOK。
  • 「iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max」は「USB-C toライトニングケーブル」のみが付属されてある。そのため購入するのは充電器のみでOK。
  • iPad (第8世代) と iPad Air (第4世代) には20Wの電源アダプタが付属されてある。また、11インチiPad Pro、11インチiPad Pro(第2世代)、12.9インチiPad Pro(第3世代)、12.9インチiPad Pro(第4世代) には18W電源アダプタが付属されてあるため、この6台のいずれかを持っているならiPhoneの充電にも使いまわせるため新たに充電器を購入する必要はない。
  • 上表のMacbook(29W〜96W)を持っているならその充電器をiPhoneの急速充電に使いまわせるため新たに充電器を購入する必要はない。ただしiPhoneの充電には「USB-C to ライトニングケーブル」が必要。

 

記事執筆者つっつん
ブログ運営7年目
つっつん
ノート型MacBookやiPad Proなどを使わず、iPhoneの急速充電だけが目的の人は本記事で紹介するような大きなW数の充電器を買わなくても18Wや20Wタイプで十分です。(充電速度はほぼ同じため)
ちなみにiPhoneの充電用として個人的におすすめの急速充電器は「Anker PowerPort III Nano 20W」です。

開封

ここからは開封の様子をお伝えする。

↓よければ動画(声なし)もご参考にどうぞ!

RAVPower 61W USB-C 急速充電器のパッケージ写真

▲こちらはRAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112のパッケージ写真。

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112の内容物

▲こちらは内容物一式。

取扱説明書は日本語に対応している。

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112本体の写真

▲こちらが充電器本体。

シンプルだがRAVPowerのロゴが際立つオシャレなデザインだ。

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112-ポート

▲USB-Cポートは1つのみ。

筆者の環境ではiPhoneをワイヤレス充電できるため有線ケーブルで同時充電する機会は少ないと判断して1ポートタイプを選んだ。

2ポート欲しい方は上位機種の「RAVPower Type C 急速充電器 90W」をチェックしてほしい。

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器のプラグ部分

▲プラグは折りたたみ式。

充電器を持ち歩く機会の多い方には嬉しい仕様である。

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器とAppleの5Wアダプタの比較写真

▲Apple純正の5W充電アダプタと比較。

5Wアダプタのほうが小さいのは当たり前だが、差はこの程度。さすがはGaN採用で世界最小・最軽量クラスの61W充電器だ。

ちなみにMacbook付属の純正充電器と比べてもおよそ50%ほど小型化されている。

サイズと重量は下表のとおり。

サイズ4.9 x 4.9 x 3 cm
重さ約105 g(みかん1個程度)

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112 レビューまとめ

本記事のとくに重要な箇所は以下のとおり。

購入を検討される方はご参考にどうぞ!

  • RAVPower 61W USB-C 急速充電器は「iPhone(iPhone 8以降)」「iPad Pro(2017年以降)」「iPad Air (第4世代)」はもちろんのこと、「13インチ MacBook Pro(2016年以降)」まで急速充電可能。
  • GaN(窒化ガリウム)が採用され小型化・高効率化されている。耐久性も高い。
  • USB-Cポートは1つのみ。
  • 折りたたみ式プラグ。
  • iPhoneの急速充電だけが目的の人は18Wや20Wタイプで十分。(iPhoneにお勧めの急速充電器→Anker PowerPort III Nano 20W

 

記事執筆者つっつん
ブログ運営7年目
つっつん
急速充電は正義!

 

↓記事で紹介した充電器

【関連記事】
AUKEY 20W USB-C小型急速充電器「PA-Y20S」レビュー|折り畳みプラグで持ち運びに便利

【Anker PowerCore 10000 レビュー】定番の10000mAhおすすめモバイルバッテリー

PITAKA MagEZ Digital Travel Kit レビュー|充電ケーブルや変換アダプタとカードケースがセットになった最強ガジェット

【PITAKA New MagMount Qi Desktop レビュー】スタンド型マグネット式ワイヤレス充電器が超絶便利!

広告