Apple、新型MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniを発表

本日11月11日、AppleがM1チップを初めて搭載した新型MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniを発表した。

M1チップはAppleがMacのために設計したApple Siliconプロセッサ。CPU性能は最大3.5倍、GPU性能は最大6倍、機械学習はNeural Engineにより最大15倍高速となり、バッテリー持続時間は一世代前のMacよりも最大で2倍長くなっている。

M1チップ搭載13インチMacBook Air

13インチの新型MacBook Airは一世代前に比べてパフォーマンスが最大3.5倍、グラフィックが最大5倍、機械学習が最大9倍、SSDのパフォーマンスが最大2倍高速化されている。

また、M1チップの優れた電力効率によりファンレス設計となっていて音が静かになっているほか、バッテリー駆動時間はワイヤレスネットインターネット接続時で最大15時間、ビデオ再生は最大18時間とMacBook Air史上最長となっている。

本体のカラーバリエーションはスペースグレイ・ゴールド・シルバーの3色展開。価格は104,800円(税別)からとなり、すでに予約受付が開始されている。(発売は11月17日)

今回のMacBook Airからファンクションキーの割り当てが変更されている模様。最新の情報によると「F4」にSpotlight、「F5」に音声入力、「F6」におやすみモードが割り当てられているとのこと。

MacBook Air

M1チップ搭載13インチMacBook Pro

13インチMacBook Proは一世代前と比べてパフォーマンスが最大2.8倍、グラフィックが最大5倍、機械学習は最大11倍高速化されている。

バッテリー駆動時間はワイヤレスネットインターネット接続時で最大17時間、ビデオ再生は最大20時間が可能。一世代前に比べ最大2倍の駆動時間となり、MacBook Pro史上最長となっている。

さらに、同モデルにはクリアな録音と通話ができるスタジオ品質のマイクが搭載されたほか、M1チップによりカメラ性能も向上している。

本体のカラーバリエーションはスペースグレイ・ゴールド・シルバーの3色展開。価格は134,800円(税別)からとなり、すでに予約受付が開始されている。(発売は11月17日)

MacBook Pro

M1チップ搭載Mac mini

Mac miniはAppleのデスクトップPC。M1チップが持つ8コアのCPUにより、一世代前のものと比べてパフォーマンスが最大3倍、グラフィックは最大6倍、機械学習は最大15倍高速化されている。

なお、価格は72,800円(税別)からとなり、すでに予約受付が開始されている。(発売は11月17日)

Mac mini

広告