LINEメッセージや着信を光って通知してくれるiPhoneケースが注目の的でした

購入した激安のiPhoneケースが壊れた状態で届くというトラブルに見舞われてから約2日後、今度はもうちょっとしっかりとした商品を選んだ結果、ようやく壊れていない新しいiPhoneケースが到着しました。

鮮やかに光るiPhoneケース

今回購入したiPhoneケースは着信があったときにピカピカッと光ってお知らせしてくれます。

これが昼間でも割とピカピカ光るので、一緒に遊んでいた友人の注目の的に。友人も購入したいそうです。(笑)

ケースが光る仕組みは、iPhoneのLEDフラッシュ通知を利用しています。

ですので、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」から「LEDフラッシュ通知」をオンにしておく必要があります。

もちろんLINEの通知も光ってお知らせしてくれます。(「設定」>「通知」>「LINE」で「ロック画面に表示」をオンにしておく必要あり)

外観写真

IMG_0038

▲iPhoneに装着後の写真です。

以前購入したバンパーはボリューム部分の金具がすぐに外れてしまったので、その反省を生かして今回は金具ではなくボリュームボタンが一体化されたものを購入しました。

ケースは背面のみの透明クリアケースの上からアルミバンパーを二重で取り付けるタイプで、かなりガッチリしています。

あと、iPhoneの画面よりもベゼル部分(淵)が外側に出っ張っているので落としてしまった時に画面が割れる確率が低くなります。

バンパーの高さはスマホケース選ぶうえで重要なポイントと言えます。

 

IMG_0039

▲これはLINEの通知が着た瞬間の写真です。

朝撮影したんですが、明るい場所でも黄色く光っていることがよくわかります。(夜だったらもっと綺麗に見えます)

 

IMG_0032

IMG_0031

▲裏側にはフラッシュを隠すためにスライドできるフタがあります。

これを左にスライド(上の画像)させれば閉まっている状態です。この状態にしておくとフラッシュがケース内で分散されて光るという仕組みです。

逆に右にスライド(下の画像)させるときは、カメラ撮影でフラッシュ機能を使う場合やライト機能(懐中電灯)を使う場合です。

なので、右にスライドしたままだとフラッシュが外に漏れてケースは光らないということになります。

管理人のひとこと

この光るiPhoneケース、仕組み的には良いアイデアだと思います。

カッコイイし、頑丈だし、買ってよかったなと(今のところは)思ってます。

【2021年追記】その他の光るiPhoneケース

記事執筆者つっつん
つっつん
この記事は2015年に投稿した記事ですが、2021年現在はケースについているLightningコネクタをiPhoneのLightning端子に繋ぐものが主流のようです。
iPhoneの充電にLightningケーブルを使っている人はその都度ケースのLightningコネクタと差し替える必要があります。光るケースのLightningコネクタの耐久は弱いものが多いようなので購入する方は注意してください。
こういうケースを使うならiPhoneの充電はワイヤレスのほうが良いかもしれませんね。(下記リンク先のケースがワイヤレス充電対応かどうかは未確認です)

 

IPhone12/12pro/12mini 保護カバー
12 Pro Max耐衝撃強化ガラス LEDフラッシュ通知着信光る薄型スリム,D-iPhone12ProMAX

 

光る!! iPhone各機種対応 マーベル MARVEL 背面ガラス TPUバンパーケース
(iPhoneX/XS, Iron Man アイアンマン) [並行輸入品]

 

【こちらの記事もどうぞ】
▶︎これは怖い。液体入りiPhoneケースで火傷被害が多発!
▶︎おすすめ!iPhoneの断線しないライトニングケーブル「Anker PowerLine+」
▶︎車のバックミラーに取り付けるスマホスタンドが高機能で超イカス!
▶︎【レビュー】100均のスマホスタンド三脚タイプは軽くて持ち運びにも便利!
▶︎ベッドに仰向けでPCやタブレット、スマホが使えるスタンドを購入してみた!

【カテゴリー】スマホ関連グッズ