新型MacBook Airが近々登場か|バッテリーの申請が発見される

近々、新型MacBook Airが登場するかもしれない。

MacRumorsによると、中国とデンマークの認証期間に新型MacBook Airのものと思われるバッテリーの申請が確認された模様。

確認されたバッテリー情報は、型番こそ最近のMacBook Airで使用されているA1965からA2389に変更されているものの、容量が現行のMacBook Airとほぼ同じ4,380mAh(49.9Wh)であるため新型MacBook Airの発売に向けられて申請された可能性があるという。

ちなみに、Appleの情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏は以前から今年の第4四半期もしくは来年の第1四半期にApple Siliconを搭載したMacBook Airが発売されるだろうと予想している。

現行のMacBook AirのバッテリーはWebの閲覧なら最大11時間持続可能な性能を持っているが、Apple Siliconを搭載した新型MacBook Airならバッテリーのサイズが4,380mAh(49.9Wh)のままでも高い電力効率でさらに持続時間が伸びる可能性があるとのこと。

 

[Source:MacRumors]
広告