macOS Big Surではジャーンという起動音が復活

昨日の「WWDC 2020」で発表されたMacの新OS「macOS Big Sur」では『ジャーン』という起動音が復活している模様。

MacRumorsによると、起動音は2016年リリースのMacBook Proから削除されていたが、「macOS Big Sur」では復活しているようで、オンオフの切り替えが可能になっているという。

起動音はデフォルトの状態ではオンになっており、[環境設定] > [サウンド] から [起動時にサウンドを再生] のチェックを外すことで無効にすることができる。

 

また、MagSafeコネクタを搭載したmacOS Big Sur搭載のMacで充電を開始した場合、iPhoneを充電開始したときと同じ効果音が鳴るように変更されているとのこと。(USB-Cコネクタ搭載のMacはすでに対応)

広告