【WWDC 20】iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Surを発表

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月23日
  • WWDC

本日開催された「WWDC 2020」の基調講演にて、「iOS 14」「iPadOS 14」「macOS Big Sur」が発表されている。

各OSの概要は以下の通り。

iOS 14 概要

  • ヴィジェットがホーム画面に表示可能に。アプリと並べて表示したり大きさを変更することもできる。
  • ホーム画面のアプリを自動整理する「App Library」機能。ホーム画面の最後のページに表示される。
  • 11か国語対応の翻訳アプリ「Translate」を発表。日本語にも対応。オフラインでも動作。
  • プライバシー保護機能の強化(大まかな位置情報データを提供するという選択肢の追加など)
  • ピクチャーインピクチャー機能(PIP)を導入。2画面を同時に表示可能に。
  • iPhoneを車の鍵として利用できる「CarKey」を発表。2021年のBMW 5シリーズから搭載。
  • アプリのインストール不要で利用できる簡易アプリ「App Clips」を発表。QRコードを読み取ってApple Payで支払いも可能。

iPad OS 14 概要

  • Apple Pencilによる手書き入力をテキストに変換できる「Scribble」機能を導入。
  • 写真アプリやミュージックアプリなどにサイドバーを追加。アプリ内の移動がスムーズに。
  • 「ユニバーサル検索」機能を導入。Webサイトやアプリ内の検索をホームスクリーン内で。

macOS Big Sur(ビッグサー) 概要

  • 画面デザインの刷新。よりiOSに近いデザインに。
  • 通知センター、ヴィジェットのデザイン刷新。iOS 14と同様、サイズのカスタマイズが可能に。
  • iPhoneのようなコントロールセンター機能を導入。
  • メッセージアプリの強化。Memojiの作成・編集が可能に。
  • マップアプリのデザイン刷新と機能面強化。
  • Safariの改良。表示速度がChromeより50%高速化。

 

なお、各OSの正式リリース時期は「今秋」とのこと。

@tsuttsuun
つっつん
新型「iMac」やオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio(仮称)」の発表はなかったですね。残念!
広告