macOS Catalina 10.15.4、大容量ファイルの転送でシステムがクラッシュする不具合


先月25日リリースの「macOS Catalina 10.15.4」に不具合が報告されている。

MacRumorsによると、大容量のファイルを転送する際にシステムがクラッシュする可能性があるという。現時点で「macOS Catalina 10.15.4」にアップデートしていないユーザーは一旦待ったほうが良さそうだ。

なおAppleはすでに問題を把握しており、次期アップデートでの修正に向けて動いているとのこと。

[Source:MacRumors]