スポンサーリンク

iPhoneの動作が重い(遅い)と感じたら試したい5つの対策

自宅兼作業場のWi-Fiルーターが故障し、新たなWi-Fiが完備されるまで4G生活の、管理人つんじです。

今までWi-Fi環境以外でiPhoneを使う機会がそれほどなかった僕ですが、実際に4G生活をやってみると、なんだか少しiPhoneの動作が重く感じるようになりました。

そこで、今回は初心に戻ってiPhoneの設定内容を見直してみることにします。

スポンサーリンク

僕がやっているiPhoneの動作速度を改善するための5つの対策

①Safariの履歴、Cookieを消去する

IMG_2313

「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを消去」

▲Safariを快適に使う為にも、たまにやっておくといいかもです。

 

②Spotlight検索をオフにする

IMG_2314

「設定」>「一般」>「Spotlight検索」>全てのチェックを外す

▲これ、きちんと使えば便利な機能ですが、果たして皆さん使用していますか?

してないなら、もう全てオフ!(笑)

 

③Appのバックグラウンド更新をオフにする

IMG_2314 2

「設定」>「一般」>「Appバックグラウンド更新」>「Appのバックグラウンド更新」をオフ

▲バックグラウンドで更新させたいアプリがある場合は個別にオフにすることもできますが、僕はそれがないので全てオフにします。もうかなり長い期間オフにしていますが、とくに困ったことはありません。(とはいえ自己責任でm(_ _)m)

もちろん電池消耗対策にもなりますので、アプリの使用頻度を調べて個別にオフにするのも手です。

ちなみに、バックグラウンド更新とは、バックグラウンド状態にあるアプリを自動更新して最新の状態に保つ機能。

これよってほかのアプリを使っている際に、バックグラウンドにあるアプリからのメッセージを受信したり、位置情報を最新に保つことができます。

 

④マルチタスクバーにある起動中のアプリを閉じる

IMG_2316

ホームボタンを2回押す > 起動中のアプリを上にスワイプして閉じる

▲もはや基礎中の基礎。

ここに表示される履歴は全てが稼働中というわけではありませんが、電池対策にもなるようですし、念のためこまめに消去しています。

これを履歴として使うにしても、永遠と増え続ければそこから探すのが面倒になりますし、やっぱり消去ですね。

 

⑤再起動

電源ボタン長押し >「スライドで電源オフ」

▲再起動させるとサクサク快適になる場合があります。

 

管理人のひとこと

いかがでしょうか。

iPhoneの動作が遅いと感じている方は一度お試しください^^

ではまたぁ。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク