Apple、iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラムを発表

AppleがiPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラムを発表した。

発表によると、特定の状況下で一部の iPad Air (第3世代) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があるとのこと。

この問題が確認されている端末は 2019 年 3 月〜 10 月に製造された iPad Air (第3世代) となり、対象の iPad Air (第3世代) については、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにて無償修理を受けることが可能となっている。

対象のiPadをお持ちの方はプログラムを確認しておくことをお勧めする。

>>iPad Air (第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム