「iOS 13.3.1」「iPadOS 13.3.1」「macOS Catalina 10.15.3」がリリース


本日1月29日、Appleが「iOS 13.3.1」「iPadOS 13.3.1」「macOS Catalina 10.15.3」をリリースした。

「iOS 13.3.1」「iPadOS 13.3.1」にはいくつかのバグ修正と改善が含まれ、また「macOS Catalina 10.15.3」にアップデートするとMacの安定性、信頼性、およびセキュリティが向上するとのこと。

リリースノートは以下の通り。

「iOS 13.3.1」「iPadOS 13.3.1」

iOS 13.3.1には、バグ修正と改善が含まれます。このアップデートには以下が含まれます:

  • “通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
  • U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加
  • iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処
  • “メール”でサーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決
  • “メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
  • FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処
  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
  • CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処
  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

macOS Catalina 10.15.3

macOS Catalina 10.15.3アップデートを適用すると、Macの安定性、信頼性、およびセキュリティが向上します。このアップデートをすべてのユーザに推奨します。

このアップデートの内容:

  • macOSを使用したSDRワークフローで、Pro Display XDRの低位グレイレベルのガンマ処理を最適化
  • 16インチMacBook Pro2019)で、HEVCおよびH.264でエンコードされた4Kビデオをマルチストリームビデオ編集する際のパフォーマンスを改善

なお、iOSおよびiPadOSのアップデートは [設定] > [一般] > [ソフトウェア・アップデート] から、macOSのアップデートは [システム環境設定] > [ソフトウェアアップデート] からどうぞ。