iPhone 11シリーズ用Smart Battery Caseのカメラボタンの謎が解明


Appleが先日発売したiPhone 11シリーズ用のSmart Battery CaseにはiPhoneのロックがかかっている時でも解除されている時でもカメラアプリケーションを起動できる専用のカメラボタンが搭載されている。

iPhone自体にそのようなボタンは搭載されていないが、なぜそのようなことが可能なのか。iFixitCreativ Eelectron協力の下、仕組みを解明している。



LightningポートからiPhoneと接続

iFixitによると、Smart Battery CaseをX線で撮影した結果、ケースの中にカメラボタンと繋がった小さな回路基板を発見。その回路基盤がLightningポートを通じてiPhoneと接続されカメラを起動しているとのこと。ワイヤレス通信ではないようだ。

なお、ポケットやバッグの中での誤動作を防ぐためボタンは少しだけ沈んだ位置にあり、カメラを起動するには長押しが必要とのこと。

iPhone 11シリーズ用のSmart Battery Case価格は「iPhone 11」用「iPhone 11 Pro」用「iPhone 11 Pro Max」用いずれも14,800円(税別)。カラーバリエーションはソフトホワイト、ブラック、ピンクサンド(iPhone 11 用は除く)が用意されている。