iPhone 11シリーズはバッテリー容量が増加 ‐「11 Pro Max」は約25%増加

「iPhone 11」シリーズのバッテリー容量が明らかとなっている。

中国の規制機関TENAAの資料によると、新型iPhoneのバッテリー容量は「iPhone 11」が3,110 mAh、「iPhone 11 Pro」が3,046 mAh、「iPhone 11 Pro Max」が3,969 mAhと記載されている。

この容量は前モデルの「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」と比較してみると、「iPhone 11」は約5%、「iPhone 11 Pro」は約14%、「iPhone 11 Pro Max」は約25%ほど増加していることになる。

「iPhone 11」シリーズはバッテリー駆動時間が向上し、公式では動画再生時間やオーディオ再生時間が延びたことが発表されている。

これについてAppleは、スマートフォン史上最速で効率を重視した設計の新しいチップ「A13 Bionic」によるものだと説明しているが、実際にはバッテリー自体の容量も増えているようだ。

関連iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro MaxのRAM容量は全機種4GB

[Source:9to5Mac]

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報