au、回線契約有無にかかわらず加入できる「アップグレードプログラムDX」を発表 ‐ 新料金プランも

au

auは12日、回線契約の有無にかかわらず加入できる「アップグレードプログラムDX」を2019年10月1日より提供することを発表した。

同プログラムは機種代金が最大半額となるプログラムで、具体的には48回の分割払いで対象機種を購入する際に加入し、25カ月目以降の新たな機種への買い替え時に、これまで利用していた機種を返却することで未払い分の機種代金の支払いを不要とするものである。月額料金は390円 (不課税) × 24回。SIMロックは割賦購入時100日間解除不可。

このプログラムは10月1日の電気通信事業法改正で端末割引が上限2万円に制限されることに対する対策プログラムで、先日はソフトバンクが「半額サポート+」という同様のプログラムを発表していたが、auも追随する形となった。

スマホの機種代金が最大半額になる「アップグレードプログラムDX」提供開始/au

5つの新料金プラン発表

また、同日auは5つの新料金プランも発表した。

新料金プランは月額料金が割引になる新たな2年契約サービス「2年契約N」への加入により、従来の料金プラン同等の料金で利用可能となるプラン。

月間データ容量に上限のないスマートフォン向けの料金プラン「auデータMAXプランPro」、毎月7GBまでのデータ容量に加えて対象のSNSがデータ容量を気にせず利用できる「auフラットプラン7プラスN」、月々1,980円から利用可能な「新auピタットプランN」などの提供が10月1日から始まるとのこと。

料金等の詳細は以下のニュースリリースをご覧ください。

従来のおトクさはそのままで、選べる新料金プラン「新auピタットプランN」などを提供開始/au

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報