ソフトバンク、新プログラム「半額サポート+」を発表 – 回線契約なしでも利用可能

9月9日、ソフトバンクが新プログラム「半額サポート+」を発表した。2019年9月13日より提供開始される。

同プログラムは、対象機種を48回払いで購入し、同時に「半額サポート+」に加入することで、25カ月目以降にソフトバンクが指定する方法で指定機種を購入すれば旧機種の分割支払金の支払いが不要になるというもの。

ソフトバンクの回線契約の有無にかかわらず利用でき、プログラム利用料は月額390円(不課税)×24カ月となっている。ただしSIMロックは100日間解除できない。

※ソフトバンクの回線を契約していないユーザーへの提供は9月26日に開始

なお、プログラムを利用するには、旧機種の回収および回収・査定条件を満たす必要があり、査定条件を満たさなかった場合は2万円(不課税)の支払いが必要になるとのこと。

その他詳細はソフトバンクのプレスリリースをご覧ください。

つっつん
10月1日の電気通信事業法改正で端末割引が上限2万円に制限されるからその対策プログラムですね。べつに回線契約しなくても良いわけだから上限2万円は関係ないでしょ?みたいな。
Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報