新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」の新エントリーモデルが発売

Appleが新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」の新しいエントリーモデルを発売した。

新型「MacBook Air」はTrue Toneテクノロジー搭載のRetinaディスプレイを採用。前モデルと同様にTouch IDが搭載され、Touch Barは非搭載となり、価格は全モデルよりも安く119,800円 (税別) からとなっている。

新型「MacBook Air (2019)」/Apple公式サイト

新型「MacBook Pro 13インチ」はエントリーモデルがアップデートされ、Touch IDとTouch Barが搭載。プロセッサーは第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5にアップグレードされ、価格は139,800円 (税別) からとなっている。

新型「MacBook Pro (2019)」/Apple公式サイト

バタフライキーボード採用のため保証対象に

Appleは現在、特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに文字が勝手に反復入力される、文字が表示されない、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、またはキーを押した時の反応が一定しないといった症状が現れる場合のサポートとして無償でキーボードの交換ができる「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発動中だが、同プログラムは発売されたばかりの新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」の新しいエントリーモデルにも適用されるとのこと。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム

「MacBook Air (2017)」と「12インチMacBook」の販売が終了

上述した新型「MacBook Air」と新しい「MacBook Pro 13インチ」エントリーモデルの発売に伴い、「MacBook Air (2017)」と「12インチMacBook」の販売が終了した。

これらのモデルはすでにApple公式サイトから姿を消し、オンライン上で公式に新品を購入することはできなくなっている。

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る