Apple、シザースイッチ式の新キーボードを採用か ‐ バタフライ構造は廃止へ

MacBook Pro(Late2016)

Appleがバタフライ構造のキーボードを廃止し、新たにシザースイッチ式のキーボードを採用するかもしれない。

Apple製品の情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは今年後半に発売予定の新型「MacBook Air」からシザースイッチ式のキーボードを採用し、2020年以降にはMacBook Proにも採用されると予想されている。

シザースイッチ式のキーボードはキーの構造を補強するためにグラスファイバーが採用され、より深いキーストロークと耐久性の向上が期待できるのだとか。不具合続きで何かと物議を醸してきたバタフライ構造のキーボードだが、終焉は刻一刻と近づいてきているようだ。

なお、Appleは現在「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発動中。

同プログラムは特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに文字が勝手に反復入力される、文字が表示されない、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、またはキーを押した時の反応が一定しないといった症状が現れる場合のサポートとなり、対象のユーザーは無償でキーボードの修理が可能となっている。

【関連】Apple、ノート型Macのキーボード無償修理プログラムを拡大

[Source:MacRumors]

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報