「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」、米国では約43万台が対象

先日、Appleが一部の旧世代の15インチMacBook Proのバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明したとして「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表したが、影響を受ける可能性のあるMacBook Proは米国で約43万2,000台、カナダで約2万6,000台に及ぶことが分かった。

【関連】Apple、「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表

米国消費者製品安全委員会(CPSC)によると、これまでバッテリーが発火したという報告は26件あったそうで、そのうち5件は軽傷、1件は煙吸入、17件が私有財産の軽微な損害となっている模様。

問題が確認されている 2015年 9月から 2017年 2月までの間に販売された 15インチMacBook Proはバッテリー無償交換の対象となるため対象のMacBook Proをお使いの方はプログラム内容のご確認を。

15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム

[Source:MacRumors]

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報