2020年発売のiPhoneは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチの3モデル展開か – 全機種に有機ELディスプレイ搭載の噂

2020年に発売されるiPhoneは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチの3モデル展開となり、全機種に有機ELディスプレイが搭載されるかもしれない。

Apple製品の情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、Appleは2020年に有機ELディスプレイを搭載した5.4インチおよび6.7インチモデルのiPhoneと、同じく有機ELディスプレイを搭載した6.1インチモデルのローエンドのiPhoneを発売する予定だという。

さらに5.4インチと6.7インチモデルは次世代通信規格「5G」に対応する模様。「5G」に関しては2021年以降すべてのiPhoneが対応するだろうと同氏は予想している。

なお、この予想が正しければ現行のiPhone XS(5.8インチ)よりもサイズの小さい5.4インチモデルと、同じく現行のiPhone XS Max(6.5インチ)よりもサイズの大きい6.7インチモデルが登場することになる。

[Source:MacRumors]

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報