MacBook Pro(2019)をiFixitが分解。バタフライキーボードの変更点

iFixitが先日発売されたばかりの「MacBook Pro(2019)」の分解レポートを公開した。

「MacBook Pro(2019)」はMacBook Proでは初となる8コアプロセッサが搭載され、ノート型Macとしては過去最高のパフォーマンスとなっている他、トラブルの報告が後を絶たないバタフライキーボードの改良が加えられている。

Appleからはバタフライキーボードの改良点に関する具体的な発表はないが、iFixitのレポートによるとスイッチカバーの色が半透明から透明に変わり、材質は粘着性のあるシリコン製のものから滑らかな手触りのポリアミド(ナイロン)製のものに変更されている模様。

また、押すと元に戻るメタルドームスイッチも熱処理や合金による表面仕上げが施された可能性があるとのこと。

バタフライキーボードもこれで4世代目。Appleは不具合の起きているキーボードはごく一部だと言うが、次こそは安定感と安心感のあるキーボードとなっていることを期待したい。

【関連】Apple、ノート型Macのキーボード無償修理プログラムを拡大

[Source:iFixit]

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る