Apple、ノート型Macのキーボード無償修理プログラムを拡大

Appleが「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表した。

同プログラムは特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに以下の症状が現れる場合のサポートとなり、対象のユーザーは無償でキーボードの修理が可能となっている。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

キーボードの修理プログラムに関しては以前から発動していたが、今回の新たなプログラムでは対象の機種が拡大されている。対象機種を持っているユーザーの中で上記の症状が現れた場合はAppleにご相談を。

【対象機種】

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム

13インチMacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

なお、Appleは同日「13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」も発表している。

2016年10月から2018年2月までの間に販売された13インチMacBook Proでディスプレイに以下の症状が現れた方はこちらのプログラムもご確認を。

  • ディスプレイのバックライトが、画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する。
  • ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる。

13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

Pocket


【おすすめカテゴリー】

▶︎ガジェットレビュー ▶︎Appleニュース ▶︎iPhoneの使い方・小技 ▶︎セール情報