iFixit、「iPad Air(第3世代)」の分解レポートを公開

修理業者のiFixitが「iPad mini 5」に続き「iPad Air(第3世代)」の分解レポートを公開した。

【関連】iFixit、「iPad mini 5」の分解レポートを公開

レポートによると、「iPad Air(第3世代)」は「10.5インチiPad Pro」と似たような構造となっており、両モデルの外観の違いは「iPad Air(第3世代)」のスペースグレーカラーのほうが暗いこと、「10.5インチiPad Pro」には4基あるスピーカーの数が「iPad Air(第3世代)」には筐体下部の2基しかないこと、「iPad Air(第3世代)」のカメラレンズに突起がなくなったことが挙げられている。

「10.5インチiPad Pro」にはあった筐体上部のスピーカー部分には金属製の大きなプレートが組み込まれている他、リアカメラの画素数は8MPとなり「10.5インチiPad Pro」の12MPよりも少ない。

プロセッサは「A12 Bionic」を搭載し、RAMは3GB、バッテリー容量は「10.5インチiPad Pro」と同じ30.8Whで第2世代のiPad Air(27.6Wh)よりも増加している。

なお、修理のしやすさとしては、バッテリーの交換を不必要に難しくしている点や接着剤が多く使用されている点、Lightningポートがロジックボードにはんだ付けされている点などを理由に「iPad mini 5」や「10.5インチiPad Pro」と同じく10点満点中2点と評価されている。

[Source:iFixit]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る