他社製のバッテリーに交換したiPhoneも有償修理の対象に

Appleが他社製のバッテリーに交換した iPhoneを有償修理の対象に変更した模様。

同社は 2017年3月に液晶ディスプレイを他社製のものに交換した iPhoneでも部品による影響のでない修理の場合は保証対象の修理サービスが受けられるように有償修理のサポート内容を変更していたが、Macお宝鑑定団Blogによると、2019年2月28日より他社製のバッテリーに交換した iPhoneもこれに含める方針に変更されているという。

これにより、今後はバッテリーの欠損および損傷がなく安全だと判断された場合のみ他社製のバッテリーに交換した iPhoneでも保証対象の有償修理サービスが受けられるようになる。

なお、AppleCare+は「Apple純正コンポーネント」の修理のみが対象となり他社製部品には適用されない。他社製部品をApple純正部品に交換することで保証の対象となるが、Lightningコネクタやボタン類などはAppleの修理が受けられなくなるため非正規修理店での修理は注意が必要となる。

 

[Source:Macお宝鑑定団Blog]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る