次期iPhoneはすりガラス採用?他のデバイスのワイヤレス充電が可能か

今秋発売予定の新型iPhoneについてApple製品の情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏が調査ノートを公開している。

新型iPhoneに関する調査内容は以下のとおり。

  • 2019年のiPhoneのラインナップは5.8インチモデル/6.1インチモデル/6.5インチモデル
  • 6.1インチモデルは液晶ディスプレイ
  • 5.8インチモデルおよび6.5インチモデルは有機ELディスプレイ
  • 「iPhone XR」の後継機種(6.1インチモデル)はRAMが 3GB → 4GBになる可能性あり
  • すべてのモデルにすりガラスが採用され、他のデバイスのワイヤレス充電が可能に
  • 大型バッテリー搭載
  • ウルトラワイドバンド(UWB)により正確に室内測位およびナビゲーションが可能に
  • Face IDの精度向上
  • トリプルレンズカメラ搭載
  • Lightningポートの継続(USB-Cポートは非搭載)
  • ノッチ(切り欠き部分)のサイズは現行モデルと同じに

すりガラス採用による他の機器の充電に関しては、たとえばiPhoneからAppleWatchにワイヤレスで充電したり、iPhoneから新型「AirPods」(未発売)に充電することが可能となるかもしれない。そうなれば自分のiPhoneで家族や友達のiPhoneを充電することも可能となるだろう。

また、USB-Cに関しては先日も報じられていたように製造コストが上昇する他、サードパーティのUSB-C-Lightningケーブルビジネスを維持する狙いでLightningポートが継続される可能性が高いのかもしれない。

 

[via:MacRumors]
[Photo:ConceptsiPhone]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る